鋼神大戰 禍 御霊巫戰紀系



蒼峰雫(あおみね・しずく)


性別:女性
年齢:16歳
ICV:伊藤静

禍との戦いを宿命づけられた『禍祓』の少女。
祖母に叩き込まれた剣術と水の霊術を扱い、等身大の禍ならば生身で倒してしまう。
海御霊と契約した御霊巫師で、海御霊の化身・リュウグウノツカイを召喚して戦う。


十六夜冥架(いざよい・めいか)


性別:女
年齢:29歳
ICV:生天目仁美

雫と同じく禍祓の家系に生まれた女性だが、
標的は禍だけではなく、自分の基準で悪と見做した人間も裁く。
WOFのメンバーでもあり、セレナやアナスタシアとは友人同士。


瀬戸崎つばさ


蒼峰雫の親友。


四葉屋もなか


蒼峰雫の親友で、彼女を姉弟子と呼んで慕う。


蒼峰海女乃(あおみね・あまの)


性別:女
年齢:80歳
ICV:矢尾一樹

雫の祖母。世界最高峰の霊能者の一人で、
かつて禍出現の黎明期にて、先頭に立って戦った。
結界都市の建造にも関わっている。


天羽燐斗(あまばね・りんと)


性別:男
年齢:18歳
ICV:宮野真守

アマバネ重工の御曹司にして、霊能血統・天羽家の嫡男。炎の霊術を扱う。
軽薄な口調で、誰に対してもフレンドリーに話しかけるが、
その実誰に対しても愛情を抱かず、それは自分自身でさえ例外ではない。
彼曰く、がらんどうの中身を他者への興味・関心という外装で覆って人らしく生きている。

夜天蛾霊道の企てに個人的に加担している。
真意を問い質されると本気とも嘘とも取れない、相手を煙に撒くような発言を繰り返すが、
実はただ状況に流されているだけで、しかもそんな自分に何の負い目も感じていない。
何となく生きて、何となく死ぬだけ。