傀龍皇(かいりゅうおう)


パイロット:夜天蛾彼岸、黒薔院儡魔

九つの頭を持つ龍の姿をした大型の機動兵器。
全高200メートルと言う、要塞級の巨体を誇る。
その中枢には、アクラシエル同様、鋼神の心臓を使用している。
普通の状態では、その性能を100%引き出すだけのエネルギーが不足しているが、
星の核から噴出させた力を吸収することで、無限に近い力を得ることに成功した。
周囲に魔力波を放ち、周囲の禍をある程度制御する能力を持つ。

<特殊能力>
魔力結界

<武装>
傀龍の眷属:無数の禍を操り、一斉攻撃を仕掛ける。
九頭龍滅砲:九つの龍の口から発するエネルギー波。
九頭龍滅砲・殲:全周囲に向けて発射する。
九頭龍滅砲・極:九つのエネルギー波を束ねて、直線上に発射する。
九頭龍砕牙:九つの龍首で噛み付く。
終滅ノ華:九つの首で噛み付き、至近距離からのエネルギー砲で仕留める。