フライング・レムリアン号



“さまよえるレムリア人”の通称で呼ばれる謎の幽霊船。船体に鯨の骨格が描かれた、ナガス級のフロートシップ。
霧の海を泳ぎ、近付いて来た船舶を攻撃する。
正体は、NEMOによって改修された戦艦で、同じく死の淵から蘇ったグレゴリー・オホーツク艦長以下当時のクルー達の手によって操られる。
エコーロケーション・ウェーブ発生装置を内蔵し、それによって深界魚をある程度コントロールできる。