※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レイヴナス一号


対アウター用に造られたクローン兵士。製造ナンバー01。

一番最初に造られたレイヴナスのため、後のレイヴナス達と比べると特化した能力がなく、オリジナルにも及ばない。
それでもコスト無視で製造されたため全体の能力は他のレイヴナス達より上であり、分野を選ばずに高い能力を発揮できる。
彼女の能力を基準に、特定分野では一号を上回る特化型レイヴナスが生まれていった。
当初、レイヴナス計画は多大な予算を費やしたため、一号がロールアウトされた時点で停止するはずだったが、一号及びオリジナルが対アウター作戦で無視できない戦果を挙げたため、二号以降のレイヴナス達が誕生することとなった。

実動時間はおよそ10年。レイヴナスの中では最も長く実戦に関わってきた歴戦のパイロット。
長女として、リーダーとして、他のレイヴナス達を牽引、育成することを心がけている。
その経歴や礼儀正しい態度、クールな口調はベテランの風格が漂うが、割と天然。

髪型はストレートのポニーテールで、赤いリボンでまとめている。
肉体年齢は30歳前後。引き締まった身体だが出るところは出ている。
三号からは「ひーちゃん」と呼ばれる。
偽名は『円谷 一美(つぶらや ひとみ)』。


「一号です。よろしくお願いします」
「私には、隊を率いる責任がありますから」

「二号。そんなにふらふらしちゃ危ないですよ、ああほら、もう……」