黄陣(こうじん)


型式 鬼士
搭乗者
全高 60m
武装 雷壁、皇雷球
特殊

主に房が搭乗する上級鬼士。
全身に分厚い黄色の鎧を纏っており、頭部に巨大な角(ツノ)がある。
その大きさと装甲の厚さは、上級鬼士の中でも最大級。
反面、機動性は低い。

『赤煉』と『蒼覇』をモチーフに、白鬼士団が密かに開発した上級鬼士。

房との相性は“かなり良い”。
しかし『黄陣』自体は、搭乗者による能力変動がほとんど無い鬼士なので、誰が搭乗しても基本的な能力はほとんど変わらない。

主武装は、杖の先に巨大な棘付きの鉄球を持つ「皇雷球」。
また、搭乗者の意思に応じて自在に雷を纏うことが出来る。


武装


雷壁(らいへき)

身に纏う鎧の一部を展開し、そこに高圧の電流を流すことで造られる“雷の盾”。

皇雷球(こうらいきゅう)

いわゆる「モーニングスター」。
長い杖の先に、巨大な棘を持つ鉄球が備わっている。
杖と鉄球は分離することが可能で、杖と鉄球の間は、杖の中に隠れている“鎖”で繋がっている。



雷光剛破弾(らいこうごうはだん)

皇雷球に眩い光を放つ程の強力な電撃を纏わせ、それを全身全霊で振り回した後、敵にぶつける大技。