藍爪(あいそう)


型式 鬼士
搭乗者 斬角
全高 30m
武装
特殊

主に斬角が搭乗する上級鬼士。
細身の全身に藍色の鎧を纏っており、頭部に鋭い角(ツノ)がある。
機動性に優れているが、上級鬼士の中で、最も装甲が薄い。

『赤煉』と『蒼覇』をモチーフに、白鬼士団が密かに開発した上級鬼士。
同じく開発された『橙火』と逆に、『蒼覇』を主な模範にして作られており、そのため能力が『蒼覇』に似通っている。

斬角との相性は“かなり良い”。
しかし『藍爪』自体は、搭乗者による能力変動がほとんど無い鬼士なので、誰が搭乗しても基本的な能力はほとんど変わらない。

主武装は、両腕から延びる、刀のように鋭い爪。
また、搭乗者の意思に応じて自在に水や氷を纏うことが出来る。



十牙(とうが)

両腕を大きく振ることで、爪から地を這う衝撃波を発生させる。
地を這う過程で衝撃波は分裂し続け、最終的に『十』の強力な衝撃波となって、敵を襲う。