※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤煉(せきれん)


型式 鬼士
搭乗者 天世始 華美,くれは
全高 33m
特殊

かつて『紅き国』にて開発された鬼士。
“華美”と“くれは”が搭乗する。

紅色の鎧と兜を身に付けた鬼。
兜の隙間からは漆黒の双眸が覗き、額部分には炎のような形をしたツノがある。

主立った武装はないが、搭乗者の意思に応じて自在に炎を纏うことが出来る。
“華美”が操縦する場合が多いため、戦闘スタイルは彼女の得意とする近接格闘が主体。

“華美”との相性は“良い”。
“くれは”との相性は“最高”。



技(華美主操縦時)



紅蓮風迅拳(ぐれんふうじんけん)

腕に炎を纏いながら放つ瞬速の拳撃。
いかに「速く」、いかに「正確に」拳を当てるか、ということに主眼が置かれている技。
そのため威力はそれほど高くない。


紅蓮崩哮脚(ぐれんほうこうきゃく)

脚に炎を纏いながら放つ瞬速の飛び蹴り。


紅蓮双鳳波(ぐれんそうほうは)

両腕に炎を纏い、相手の体を左右から挟み込むようにして、同時に掌底を放つ技。


鬼士ノ咆哮(きしのほうこう)

赤煉の口から放たれる強力な熱線。
使用時に兜が破砕し、赤煉の口が露わになる。


技(くれは主操縦時)



鬼士ノ炎裂撃(きしのえんれつげき)

赤煉の両腕に巨大な炎の爪を纏わせ、それによって敵を切り裂く技。


鬼士ノ咆哮(きしのほうこう)

赤煉の口から放たれる強力な熱線。
使用時に兜が破砕し、赤煉の口が露わになる。