龍(ロン)


性別
年齢 不明
所属 紅の国→世界統合軍→白鬼士団
肩まで伸び、銀色を帯びた白髪
瞳の色 黒/鬼眼になると瞳が紅、白眼の部分が黒に染まる
一人称 ボク
搭乗機 白王


紅き国出身の鬼。
くれは直属の家臣にして、彼女の右腕。

かつて起きた『紅き国』と『蒼き国』の戦争を生き抜いた一人。

飄々としてつかみどころのない性格。
口調は軽く、くれは同様、他者に対して親しみやすい態度を取るが、
その裏にある本心は決して読めず、どこか不気味な印象を受ける。

整った顔立ちをしているが、両目を黒く細い布(包帯のようなもの)で覆っているため、完全に表情を見ることは出来ない。


+経歴【ネタバレ】
『紅き国』と『蒼き国』の滅亡―――その原因を作った張本人。
実はくれはの兄で、本来は彼こそが『紅き国』の王として、国を支配するはずだった。
しかし、後に生まれたくれはが、彼以上の能力を有していることが判るや否や、彼は王の道から転落。
代わりにくれはの家臣として仕えることを強要された。
納得できない彼は、国にいた「反くれは派」の勢力と、
密かに繋がりのあった『蒼き国』の「反王派」の勢力を招集し、彼らの長となって、共に反逆を企てる。
また、ちょうどその頃、『紅き国』では鬼士“赤煉”の、『蒼き国』では鬼士“蒼覇”の開発が行われていた。
彼はその技術を盗み、反逆勢力と共に独自の鬼士を開発し、その力でもって国を手中に収めようとした。


『紅き国』と『蒼き国』、両国間の戦争の終盤。
“赤煉”と“蒼覇”の苛烈な戦いが繰り広げられている中、龍は完成した多数の鬼士を率いて、『第三勢力』として戦争に介入する。
尤も、この争いで、龍は最後まで自らの正体を“くれは”にも蒼き王にも名乗ることはなかったため、
現代においても、この二人は戦争に介入してきた第三勢力の正体を、把握できていない。


龍自身は“白王”に搭乗し、赤煉と蒼覇の戦いに介入。
両鬼士と戦った。
龍は、両鬼士とその搭乗者が疲弊した状況を狙ったはずだったが、彼自身が初陣で“白王”の力を十二分に発揮できなかったこと、
“赤煉”と“蒼覇”が、想像以上の力を発揮して対抗したことから、三つ巴の戦いは勝負のつかないまま終結。
余波で『紅き国』と『蒼き国』は滅び、龍は“白王”の中で、長い眠りにつくこととなった。


現代―――
眠りから眼を覚ました龍は、眼の前の世界に驚愕する。

なぜならば、この世界には『紅き国』も『蒼き国』も存在しておらず、それどころか『鬼』という存在すら消滅していたからである。
しかも代わりに世界に存在し、実質的に世界を支配しているのは、かつて自らが支配していた『人間』という始末。
龍は一度、大いに絶望するも、自らと時を同じくして、次々に目を覚まし、龍を敬う同胞達―――かつての反逆勢力―――の姿を見て、
今度は全世界の王になることを決意し、人間の世界に宣戦布告することを決める。
こうして『白鬼士団』は結成された。

しかし、この時の龍には、一つ気がかりがあった。
自らと共に眠りについた、くれは達のことである。
彼は、くれはや蒼き王も自らと同じく、現代に復活する可能性があることを同胞達に伝え、
人間世界に宣戦布告する前に、彼女らの眠る居場所を特定するための調査を行わせる。

半年に及ぶ調査の結果、白鬼士団は、くれはと蒼き王の居場所を突き止める。
しかし誤算だったのは、くれは達は未だ地の底で眠り続けていたものの、蒼き王は既に目覚めていたという事実であった。
尤も、この時の蒼き王は、かなり人間世界に溶け込んでおり、いささか平和的に過ごしていたため、
龍は蒼き王が自らにすぐ危険を及ぼす存在ではないと判断し、
かつて、蒼き王の直属の家臣であった“斬角”と“射箕”の二名を、監視目的で、蒼き王に接触させることにする。

一方、眠り続けている“くれは”について、龍は始め、彼女が眠りについている間に抹殺してしまおうと考えていた。
しかし、何より彼女は、龍が新たな王として君臨するため、自らの力を示さなければならない相手であること、
及び、人間社会に溶け込んでいるとはいえ、強大な力を持ち、かつて自身を苦しめた蒼き王という存在が、既に現代にいることから、
単に潰し合いを行うのではなく、“くれは”と“蒼き王”を上手く戦わせ、最終的に自らが全てを潰し、頂点に立とうと画策する。
そのため龍自身が、くれはの眠る場所の監視に赴き、彼女が目覚めた場合は彼女と共に行動し、
内側から、『紅き国』の勢力を乱していくことにした。

龍は間もなく、白鬼士団の頭領の座を、一時的にオービに預け、
蒼き王の監視に向かわせた斬角と射箕に、自らと同じように、蒼き王を内側から乱していくように伝え、
白鬼士団から、しばらく姿を消すことになる。