ヴィルネア


大陸西部、ゴルダネーロ公爵領に根を張る地下組織。
公爵領各地に点在するカジノ、大陸法で規制された魔器や魔薬、兵器となる魔物の密売で財を成した。
誘拐や暗殺、抗争の代行の依頼も請け負い、
組織には犯罪者上がりの外道の魔術師が多く所属している。
民を苦しめ、公爵領を蝕む犯罪組織だが、
その実態は、領主であるゴルダネーロ公爵の傘下組織で、領主公認の犯罪組織と言っていい。
領内で彼らを取り締まる手段は存在せず、対抗組織も存在しない。

しかし、独占状態である分、組織内での対立や内紛が激しくなりがちで、
街中での抗争が頻繁に起こっている。
現在は中央から大勢の人々が流れているため、この内部抗争は更に加速するものと思われる。
特に古くからこの地に根を張ってきた古参組と、力を蓄えいずれ中央に戻ろうと考えている新参組の対立は激しい。

ちなみに『ヴィルネア』とは古代竜国語で『爪』を意味する。そのため、『竜の爪』とも呼ばれている。
最高幹部である『四竜』を始め、上位の幹部はドラゴニュートで占められ、ドラゴニュート至上主義の風潮が強い。