※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラウディア・ルース


性別:女
年齢:26歳
種族:シープホーン

考古学者で、オロゾ大陸中央部、メガゼノフ魔術学園の准教授。
耳が渦を巻く羊の角のような形状をした種族、シープホーンの女性。
耳まで伸びた紫色の巻き毛に、桃色の瞳、ゆったりした衣装を着用している。
師である教授の影響で、四英雄とマリスの伝説に興味を持ち、その真相を明かすことに情熱を燃やす。
そんな中、大陸西部アンバーフィールドへと向かった教授が失踪したとの報を受け、居ても立ってもいられなくなり、治安維持局の捜査官アビロスト・レーンと共に彼女もまたアンバーフィールドへと向かう。
好奇心旺盛で、危険な場所にも勇敢に飛び込んでいくが、
同時に決して命に関わる一線は越えない冒険者としての鉄則は弁えている。


機械仕掛けの水晶玉(アンティキティラ・オーブ)


水晶玉の中に無数の歯車が浮き、噛み合っていると言う独特な形状をした魔器。
教授と彼女で共同制作した万能ツールで、
簡単なキーワードを入力することで、冒険に必要な魔術一式を即時発動できる。
傷や各種状態異常の治療、球形の障壁を生み出し攻撃を弾き返す、
出力調整が可能な魔力レーザーなど、その機能は多岐に渡る。
中には自動で背中を転がり、コリをほぐすといった機能も存在する。