※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

QUESTION 魔術


自然魔術


マグノラントの生物は全てその身に魔力を有している。
それを自然界に存在する魔素と共振させることで、
自然現象を意のままに操作する……それが魔術である。
火炎や冷気を用いた攻撃魔術、身体強化に傷の治療、
使い魔と呼ばれる疑似生物の創造、
また、体内の細胞を活性化させての老化の抑制など、
マグノラントでは魔術は奇跡の業などではなくれっきとした『技術』であり、
この原理を応用して様々なテクノロジーが生み出されている。


幻想魔術(ファンタズム)と幻想領域(ファンタスマゴリア)


マグノラントでは技術に過ぎない自然魔術と比べ、
完全に神秘の業とされているのがこの幻想魔術。
この世に存在しないはずの生物や現象を召喚し、己の思う様の光景を具現化する。
自然魔術で実現できるのは、所詮マグノラントの物理法則の範囲内に過ぎないが、
この幻想魔術はその垣根を突破し、理論上ありとあらゆることを実現する。

この世と重ね合わせて存在しているとされる、
人々の想念が集積して出来た異次元世界……
それが 幻想領域(ファンタスマゴリア) である。
幻想領域には人々のイメージしたありとあらゆるものが存在し、無限の混沌と化している。
理論上、そこには「何もかも」が存在するとされ、
その世界を支配した者は「全て」を得るとされる。

この幻想領域にアクセスし、己の望んだ事象を引き出す……それが幻想魔術の本質である。
最も人に可能なのは、広大に過ぎる領域の砂粒よりも小さな点に触れ、
そこから僅かな雫を引き出すだけである。
また、召喚されるモノは本人の意志で明確に定まる場合はほぼ皆無で、
術士の出自や来歴、そして現在の精神状態と縁の深い「何か」が呼び出される。
なお、召喚されたモノはこの世のものではないため、
一定時間が過ぎればすぐに消えてしまう。
また、幻想魔術を使う度にその体は向こう側へと引き寄せられ、
この世での存在が削られてしまう……と言われている。

この幻想領域へとチャンネルを合わせることが出来るのは、
超越種を含むごくわずかな存在だけ。
現世と幻想領域は、決して触れることは無いとはいえ隣り合っているため、
互いに影響を及ぼしあっている。
現世での未来の激変が、幻想領域に影響を与え、
超越種を多く生み出している……と唱える学説も存在する。

この世の人間にとって、幻想領域はあくまでも未知の世界。
確実に言えることなど、何一つ存在しないのだ。


魔術師(マジシャン)の種類


エレメンタラー :自然現象を操作し、炎や雷を呼ぶ魔術師。

クリエイター :疑似生物を創造する魔術師。他の動植物の特徴を持つ種族に多い。

マシーナリー :物質に魔力を付加し、魔器を創り出す魔術師。現代になって大きく発展した技術である。

ヒーラー :回復魔術を得手とする魔術師。僧侶や神官に多い。

マジックファイター :魔術戦士。身体能力を魔術で強化したり、
武器に特定の属性を付加して戦う。
マグノラントでは全ての人類は魔力を持ち、
身体能力強化程度なら誰でも自然に使っているため、全ての戦士は魔術戦士と言える。

幻想魔術師(ファンタジシャン) :幻想魔術を行使する魔術師。
最も幻想魔術はこの世では大量破壊兵器に近い扱いの為、
一発限りの切り札と言う意味合いが強く、この呼称で呼ばれることは稀。


魔器(ウェポン)


魔力を注入して造られた魔法武器の総称。
300年以前は、一部の天才が生み出した、
限られた魔術師にしか扱えないような代物ばかりだったが、時が流れ、
技術革新が進み、誰にでも扱えるより汎用的な魔器が生み出されていった。
その代表的なものが、魔力を込めた魔弾を発射する 魔銃 である。
自然魔術の行使には、物理法則を改竄するプログラム(詠唱)を
頭の中で組まなければならないが、
魔器はあらかじめ組んだプログラムを作動させるだけなので、大幅に時間が短縮できる。
現在では魔術戦士は勿論の事、魔器を使わない魔術師ですらほとんど存在しない。
そのような存在がいるとすれば、
魔器の処理速度すら超えたスピードで脳内詠唱を完了する、超越種級の魔術師だけである。

また、誰にでも扱えるものではないが、古の魔術師が創り出した魔器、 古代魔器(エンシェントウェポン) は、現代の生産品とは比較にならぬ破壊力を発揮するため、財宝である一方強大な兵器として扱われている。