名前 クロノス
性別
年齢 ??・・・推定20~24歳
所属

登場時・・・時の魔族

外伝時・・・時の一族

立場

登場時・・・首領

外伝時・・・民間人

元時の一族、九柱の一人

=司る物=

『時』・・・時間、時を刻む、進める、戻すを表す

=特殊能力=

・時間を自由に操る事

・時間の介入により運命を変える

(ただし、創主である皐月の力が及ぶ所は使えない)

=経歴=

元時の一族の出身者・・・

世界を支える柱が八柱では無かった頃、九柱であった頃に現在の八柱である司達の前世とは仲間であったが『世界の終焉』と呼ばれる戦いで自身を残して司達の前世は死亡してしまう・・・

この時、勇人の前世とは恋人同士でありこの戦いで彼は自身の腕の中で息絶えてしまう・・・

自身は一人孤独に世界が再生されるのを待ち続けたが・・・

何度も再生される世界で生まれ変わった司達が世界の災厄をその身に取り込み未来永劫終わり無き人柱として散って行く運命を見続けた結果・・・

自身の運命を呪い、世界から司達を解放させるべく『世界滅亡計画』を起こす・・・

一度は司達を自身の手に取り戻すが、司達はその思想に離反し敵対してしまう・・・

最終戦においては司達と和解し、この戦いの元凶とも言える存在を倒すべく共に協力するが元凶の放った『世界の終焉』により壊された世界を修復する為に司共々と長き眠りに付く事となる・・・

外伝はこの物語から10年と半年後の話であり、クロノスの負の部分が作り出してしまったカオスが元凶となる戦いである・・・