QUESTION 用語



マグノラント


物語の舞台となる惑星。星の大気は魔素と呼ばれる霊的物質で満たされており、この世界の物理法則は全てこの魔素を基準とする。
星の生物は全てが魔力を宿し、自然の魔素と自身の魔力を共振させ、
自然法則を操る『魔術』と呼ばれる技術が存在する。
マグノラントの文明は全てこの魔術を基本としており、
地球でいう所の科学は、物理法則が不安定なためあまり発達していない。
魔術は物理法則を思うように捻じ曲げる一方で、
不安定な物理法則を制御するためにも使われている。
マグノラントでは上層ほど魔素濃度が薄く、
魔術を発動しにくくなるため、航空に関する技術はほとんど発展していない。


マグノラントの生物




マグノラントの種族




マグノラントの魔術




マグノラントの地理・国家




マグノラントの組織




マグノラントの歴史