※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスター


ゲーム『SAGA's Fantasy』にも登場する魔物。
人里に侵入することはあまりない。それぞれ、習性や弱点もある上、中には凶暴化して手がつけられないモンスターもいる。
それらは、いわゆるボス系モンスターである。

また、モンスターの中には、人間と利害が一致するものがおり、習性を利用してモンスターと共存したり、理性をもったモンスターもいる。
そして、人間の中には、モンスター使いという生業が存在する。


  • ネコヘビ

比較的、全国的に存在しているモンスター。頭がネコで胴体がヘビという名前のままである。知能は低いが、怒らせると素早いネコ頭突きをくらわされる。
砂漠地方にいくと、毒をもったものもいるので注意。
また、中にはペットとして愛玩している者もいる。


  • キツネトカゲ

その立ち姿から一瞬、ドラゴンかと思わせることで奇襲を狙い、その隙に逃げるモンスター。名前からして哺乳類かと思いけや、実はトカゲ類と同じ、爬虫類である。オオトカゲのフリをしたキツネというより、キツネの牙と有し、容姿が似ているオオトカゲである。


  • ドルオグモ

10本の足を持った蜘蛛のような巨大モンスター。10本の足の内の2本が鎌になっており、高い跳躍力を活かして8本の足で獲物を捕え、2本の足で食べやすい捌いて食する。ちなみに蜘蛛でも、糸を吐くことはできないが、地下に潜って獲物を待ち伏せすることもある。
コウが一番最初に出会ったモンスターでもある。