御鴻院降世(ごこういん・ふるよ)


性別:女
年齢:17歳
ICV:水樹奈々

私立虹耀学園の生徒会長。2年生。漆黒のロングヘアをした美女。
日本の政財界に大きな影響力を持つ、御鴻院財閥の令嬢。
優しく、おっとりとした性格で、やや天然。
美貌に権力、さらに人格を兼ね備え、学園のカリスマとして生徒たちの間で熱狂的な支持を得ている。
ひずみ、勢良とは幼馴染みの関係にある。



+...

ル・イン・パラメディウス


その正体は、魔人結社パラメデの大首領であり、人間界に転生した 暗黒神パラメデ本人 である。

人間の姿をして転生し、『御鴻院降世』として生きて来たが、同時にパラメデとしての記憶も持ち続けてきた。
それはあくまで知識としての記憶で、
体験した記憶として残っているのは人間として生きた十七年間のみである。

御鴻院財閥の次期当主であるが、実際には御鴻院の全てを掌握する立場にある。
魔人結社パラメデが、強大な組織力と政財界への影響力を持つのはそのため。

気の遠くなるような長い時を生き、幾度と無く転生を繰り返してきたが、
その目的は、『己の思うがままに生きる』ことに終始する。
人間に対して深い興味を抱いており、人類の敵として立ちはだかったのもそれが最大の理由。
それは転生した今も変わっていない。

ひずみや勢良たちに対して本気で友情を覚えているなど、人間くさい感性を持っている。

神と呼ばれるだけあって、その魔力は強大無比。
しかし、戦いを対等な条件で楽しむためにあえて手を抜く事が多く、異世界での戦いもそれが原因で敗れることになってしまう。

なお、虹架市にアストライザーや魔人に適合できる人間が大勢いるのは、来るべき戦いを盛り上げる為に、彼女が御鴻院財閥の力を利用して虹架市に集まるよう仕組んだからである。

彼女にとって姿形はさほどの意味を持たない。
魔人体に変身せずとも、アストライザーや魔人を遙かに凌駕する力を発揮し、
自らの影から漆黒の龍の首を召喚して喰らいつかせたり、暗黒の渦に全てを呑み込む、などの術を行使する。
また、近接する次元に転移することで、あらゆる攻撃を無効化する能力を持つ。


○ダーク・イルミネーション

掌から放たれる、漆黒のレーザー光。

○ダーク・ディスペア

自らの影から黒き龍の首を召喚し、攻撃する。

○カオス・カタストロフィ

頭上に暗黒の渦を発生させ、全てを呑み込み破壊する。



+...

エボニーアストライザー


装着者:御鴻院降世

暗黒神パラメデが作り出したアストライザー・ユニット。
アストライザーとの最終決戦に際して、パラメデ=御鴻院降世自らが光着する。
アストライザーは正でも負でもないただの兵器、
ゆえに暗黒神である自分にも造れるというのが千弦の言。
そのシルエットは黒いフェイタルフォームというべきもので、ところどころに黒い竜の意匠が盛り込まれている。


○ディメンジョンシールド

○ディメンジョンゲート

○カオシックブレード

フェイタルブレードと対を成す黒い両刃剣。

○ダーク・イルミネーション

掌から放たれる、漆黒のレーザー光。

○ダーク・ディスペア

自らの影から黒き龍の首を召喚し、攻撃する。

○カオス・カタストロフィ

頭上に暗黒の渦を発生させ、全てを呑み込み破壊する。

○エボニーアストラルスラッシュ

漆黒の竜をカオシックブレードに纏わせ、敵を切り裂く必殺剣。