エトワリヨン


パイロット:絵垣カナハ

絵垣カナハの父親が創り上げた魔法巨大ロボット。
当初はプラモデルとしてジャック・ザ・ニッパーと共に絵垣家に届けられ、
カナハの手によって組み立てられた。
力(魔力)を込めて腹部の星型を押すと、カナハを取り込んで巨大化する。
操縦方法は搭乗者のイメージを再現するだけと実に簡単。
七色の層に塗り分けられた巨大な星型に、頭と手足がくっ付いた形をしている。
ロボットの形を取っているが、本質は巨大な魔法構造物で、
お世辞にも格好良いとは言えない、ありていに言えば ダサイ その形状も、
魔法理論における最も効率的な魔法運用を追求した結果である。
起動には莫大な魔力を要するため、地球人では
その基準を満たすだけの魔力を持つカナハ以外には操縦できない。

時を経るごとに宅配便で新しいプラモデルが届けられ、
新しいアタッチメントパーツになる。


<特殊能力>

スターバリア:機体前面に展開する星型の障壁。

<武装>

格闘
アイビーム
スターカッター:肘と膝に備わった星型のカッターを飛ばす。
スターナックル:芸術的理論により腕を切り離して飛ばす。
スタービーム:腹部の星型から発するビーム。

<必殺技>

セブンスターブレイザー :巨大化後、ある程度時間が経過し、
星型の胴体に、七層の光が満ちた時に放つことのできる七色の必殺光線。

<アタッチメントパーツ>

ペイント・アーム
ドリル・アーム
スカルプチャー・アーム
シザース・アーム