※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノーチラスⅡ世



NEMOが保有する、全長百メートルに達する大型潜航艇。外見は、白いオウムガイを模している。
ソロモンの野望である、深層へ潜るために開発された船で、最深層の出鱈目な海流や水圧に耐える強固な装甲に覆われている。
現在、ティア・テティスのプレート上に存在する物質では、最深層の環境に耐えうる潜航艇を造るのは不可能である。
この船の原型となったノーチラス号もまた、深層に降下した後バラバラに引き裂かれている。
このノーチラスⅡ世も、そのままでは深層に向かうには不完全だったが、
後に深界龍エザサウルスの核を動力源に使用することで、
海流操作による障壁、深界魚の操作など、最深層に到達できるだけの機能を獲得している。

<武装>

ミリオントーピード
ギガストリームカノン

深界魚一斉攻撃
メイルシュトローム
タイダルウェイブ