第五次聖杯戦争から1年後…

その戦いの地となった場所の名は冬木…

その地にとある宗教集団が根を降ろしていた…

一般からは『先見会』と呼ばれており…

未来を見通す事の出来ると言われる『先見の巫女』と呼ばれる少女を祭り上げていた…

彼女の予言は外れたことがなく的中…

その為、設立からわずか数ヶ月の内に信者を増やしていた…

そして海が満ちる満月の夜…

冬木の先見会本部の地下で…

新たな規律と共に新生した聖杯を求め…

サーヴァントが召喚されようとしていた…


=???=

数千メートルの地下に設えられた巨大な儀式の間…

巨大な鏡の上に東洋の霊術言語で書かれた円陣…

それは格の高い巫女の灰燼を混ぜた墨で刻まれていた…

そしてその中央には菱形の結晶で作られた華の簪…

少女は円陣を崩さぬようにそれを置くと事静かに口ずさむ…


「閉じよ、閉じよ、閉じよ、閉じよ、閉じよ…」


凛とした声は広間に響きわたる…

最初の降霊術の詠唱を終えると…

最後の詠唱を始める…


「告げる!」

「汝の身は我が下に!」

「我が命運は汝の剣に!」

「新たなる聖杯の寄るべに従い!」

「この意、この理に従うのならば応えよ!」

「誓いを此処に―――」

「我は常世の総ての善と成る者!」

「我は常世の総ての悪を敷く者!」

「汝創生の言霊を纏う新生せし三天!」

「抑止の輪より来たれ天秤の守り手よ!」


巨大な光のうねりが広間を振動させ…

それが静まると円陣の中央に一人の存在が存在していた…

その存在は言葉を紡ぐ…


「問う、アヴェンジャーのサーヴァントたる私を現界させたマスターは貴方か?」

「そうよ」

「名を教えて頂きたい…」

「私は奏、奏野奏よ」

「奏…貴方の願いは」

「私の願い…私の願いは記憶を取り戻して自由になる事よ!」

「…」

「私には記憶がないし何も覚えてないの…巫女として崇められるだけの毎日なんてもううんざりよ!」

「分かった…私は貴方の願いを必ず叶えよう…我がマスターよ…」


その存在が契約の了承すると…

少女の手には令呪が浮かび上がっていた…

それは三つの三日月が重なった形をしていた…


=続=