幻想戦記 キャラクター。


ジュン


性別
年齢 8歳
ランク C~不確定
能力名 聖具の使い手
アイコン

本作品の主人公。
「異能都市」で生まれ育った心優しき少年。ランクはCと「異能都市」内においては、標準時よりちょい下だが、スラム街育ちのせいか、やたらと運動能力は高い(すばしっこいとも言う)。聖具は、短剣(ランク不確定)のようなものであり、時折、彼のピンチや守りたい人のために、彼の異能ランクを超越したパワーを引き出す。しかし、その代償としてジュンの寿命が大きく削られ、内臓や脳を含めた身体の至る部分にダメージを受ける。
「「異能都市」。ちょっと変わってるけど、慣れれば楽しい場所だよ」
「戦いを強制するなんて・・・間違ってる!」
「これ以上…だ、れかが涙を流すなら……僕、は…命を、燃やす!」



セフィール・ミア


性別
年齢 9歳
ランク
能力名 占い師
アイコン

本作品のヒロイン。
よく占いが当たることから「異能都市」に入れられてしまったなんとも不幸なヒロイン。実質、彼女の占いは、曰く“告げたことで変わってしまう可能性がある”という程度もの。だが、ランクは低くともれっきとした「異能者」には変わりなく、実態は水晶に映る「確定した未来をおぼろげな形で表すことができる」のが彼女の異能である。
しかし、それがすぐ先か、明日か、一週間後か、一年後、または10年後かは分からないのが現状。
「異能都市」に来て、ジュンと出会ってからはずっと中立エリア、通称、サテライトエリアに住み、占いの仕事をしている。
性格は、とにかくアグレッシブで物事に対して遠慮がない。
「う、占いなんて、当たるも八卦、当たらぬも八卦なんだから!」
「うぐっ、ランクFで悪かったわね! これでも占いは当たる……方なのよ!」
「守るとか言って、自分が死んじゃったら意味ないじゃん! このバカ!」



帝 剣正(みかど けんせい)


性別
年齢 57歳
ランク S+
能力名 魔具の使い手/魔道師
アイコン

ジュンの育ての親であり、剣の師。
そしてエリア抗争グループの一つ。「皇」の筆頭である。
魔具の使い手でありながら、魔具の呪いに屈服しない強靭な精神力を持ち、その上、その魔具はボウガン型(ランクA)の代物。
自身も、「異能都市」でも数少ないSランク魔道師ということで、一目を置かれている。
無益な争いはしないが、振りかかる火の粉は徹底的に潰すやり方でエリアを拡大させていった。3グループの中でも一番のカリスマ性がある。
魔具のボウガンの他にも、魔道師の武器として、大剣を装備している。
「ジュン、お前。オレの仲間にならないか?」
「生意気な子供には少し仕置きをしてやらんとね」
「レコーダー。奴を放っておけば、サテライトエリアも何れ喰われる。……オレは、いつでもお前を歓迎するつもりだ」


雪城 志鶴(ゆきしろ しづる)


性別
年齢 14歳
ランク AA
能力名 気功使い
アイコン

エリア弱者を守るグループリーダー。(なお、勝手に担がされている雰囲気なので本人は困惑気味)。
「異能都市」では、珍しい「気功使い」は、己の体内に巡る「気」を練ることで強大な物質エネルギーへと変換させる異能者のことである。
肉体を強化し、常人を逸脱した運動能力と反射神経を持った彼女の前では、銃や剣は、おろか低レベルの魔具や聖具は、脅しにもならない。
彼女が最も怖い所は、土壇場の強さ。そして、肉体的修行することで飛躍的に強くなることにあるだろう。
性格は、物静かで必要以上なことは喋らないが、意外とテレ屋な部分もある。
「弱き者を守るためならば。この力、使いましょう」
「なぜそう争いを好むのです?」
「!……子供が冗談を言うものではありません…」


レコーダー


性別
年齢 17歳
ランク SS
能力名 超能力者/瞬間コピー
アイコン

貪欲にエリア拡大を薦める、エリア抗争の発起人とも言える人物。
サイコキネシスやパイロキネシスといった超能力はもちろん、これまで交戦した異能者の能力さえも“倒してしまえばコピーできる”といった能力も持っている。志鶴曰く「規格違いにもほどがある」と言われている程。
性格は、非情で残虐。それでいて、頭も切れるため、中々隙を作らせない。
しかし、魔具や聖具といったものは、コピーできずあくまで異能者を倒したときのみコピーできるため、魔具をもった異能市民には基本相手にしない主義。
彼の目的は一つ。「異能都市」を統一し、やがては自分たちをここに閉じ込めた外の奴らに復讐することである。
「ヒャーホゥ! 今日は獲物がガッポだねェ」
「たまんねぇな…弱い奴が足掻く姿ってのはよぉ!」
「お前の“能力”で弔ってやんよ……じゃあな(高笑い)」