神界や魔界の時は他の世界と違い流れが異なる…

我々の世界の時が数十年経ったとすれば…

人の世界では僅か1日の事である…

だが、そんなことは関係ない…

実際、時などは寿命の短い人間が気にする事…

今まではそう思っていた…

=========


私は閻魔の宮殿で彼岸花の花園を眺めていた…

彼女を手に入れたい…

その思いを閻魔に語る為に…

だが、聞き入れては貰えなかった…

何かあるとは思っていた…

そして閻魔の言葉から真実を知った…

彼女が我々…

いや…

世界を揺るがす存在になってしまった事を…

それはまだ一部しか知らず…

彼女自身もこの真実を知らない…

彼女は知るべきだと思った…

真実を知る権利があると…


****


そして私は自分が知り得た彼女の真実を語った…

最初は戸惑ったが次第に理解していった…

そう…

彼女が太古に滅んだとされる邪神の末裔であった事を…

その魔力を得た私もまた狂気に蝕まれている事を…

天使や悪魔でさえも飲み込む恐怖…

それは体を心を少しずつ蝕んでいく…

まるで呪いの様に…


「だから…周りが不幸になったんだ……私のせいで…」
『貴方のせいではありませんよ……』
「でも……家族が死んで…私だけが生き残って…」
『人に定められた寿命が尽きれば生死に関係なく人は死にます……』
「なら…どうして黙っていたの?」
『私からすれば貴方に真実を話しそして知らせるべきだった…』
「私は…これからどうしたらいいの……また誰かを不幸にするだけなの?」
『…』
「…私は生まれてくるべきじゃなかった」


返す言葉が見つからなかった…

天使から堕天使へ…

そして悪魔となり…

その永き生の中で…

この様な経験とケースは初めてだった…

そもそも邪神と聖神の子孫に生まれた彼女は…

どちらからも苛まれ…

どちらにも下る事はできず…

狭間の中で生きる…

ましてや神を滅ぼす特権を備えていれば尚更…

滅ぼすものとして恐れられるのだ…

ずっと…

=続=