ホワイト・メルヴィル号



アトランティス大洋帝国軍のマッコウ級ホエールシップ
別名 白鯨号(はくげいごう) 。その名の通り船体を白く塗られている。

ハンス・ベーリングソロモン・ブルーウォーター追跡の任務のために用意された船で、アラルがその船長に抜擢される。
後にクリムゾン・ロブスター号とともに、世界中を飛び回ることになる。
通常の軍制から離れた独自の行動をとる船ゆえに、ステルス航行など様々な新技術を用いた機構が備わっている。


<特殊能力>

ステルスコート:

船体から霊響を用いた干渉波を放ち、レーダーから姿を消す。
ただしこの状態では至極ゆっくりとしか移動できない。
周囲の色と同色になるシートを被せることで、
カメレオンのように背景に溶け込み、視覚からも隠れることが出来る。


<武装>

スプラッシュガン
ホーミングトーピード
プレッシャーカノン:船体各部に取り付けられた圧縮砲。
ジャイアントアンカー:巨大な錨。


アシッドレイン

船体上面から強酸弾頭を発射。標的の頭上で爆散し、強酸のシャワーを降らせる。
この弾頭を発射することを『潮を噴く』と呼ぶ。


ギガストリームカノン

口腔内に設けられた主砲。別名 『瀑流砲(ばくりゅうほう)』