※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葵神鷹 あおい・しんよう

 

性別
年齢 62
所属 帝都禁軍
ICV 池田秀一
登場作品 からすま幻戯譚

 

帝都貴族の中でも最大勢力を誇る、葵氏一族現当主。葵蒼鷹の義父。
鳳帝を補佐する最高位の官職『太政大臣』の地位についており、
また有事には帝都禁軍の総大将の位に就き、全軍の指揮を執る。
銀色の髪を短く纏め、一族の象徴である縹色の束帯を身につけている。
その顔立ちには威厳が溢れ、静粛な雰囲気を漂わせている。
公明正大な人柄で、私利私欲に捕らわれない清廉な人物。
帝都の事を第一に考え、非凡な才能と政治力を以って、善く帝を補佐している。
その姿勢は、多くの臣下から尊敬の念を集めており、彼に厚き忠誠を捧げる者は数多い。

しかし、当主の彼であっても葵氏一門という巨大な“権力の魔物”を制御する事はできず、
葵氏一族の利権に関わる事には、彼も思い切った行動を取れずにいる。
なお、当主であろうとも、彼の父を初めとする“上院”の老人達の意向には逆らう事ができない。

彼自身は、葵一族の過度な独占体制を変えたいと思っているが、
それは権力に囚われた自分ではなく、若い世代でなくては成し遂げられないと考えている。
ゆえに、同じ志を持つ葵蒼鷹には期待している。
葵一族の伝統である、“血統”よりも個々人の才能に重きを置いており、
帝凰道術院を主席卒業し、才能と理想に溢れる葵蒼鷹を気に入り、養子に取った。