龍宮 瑞姫(たつのみや・みずき)


性別:女性
年齢:18歳
ICV:後藤邑子

龍宮国当代の “乙姫”
乙姫とは、龍神を奉る巫女にして、国家の長たる者に与えられる称号で、
龍神の血を引く 龍宮家 の者が代々引き継いでいる。
まだ18歳と年若いが、母である先代・ 珠姫(たまき) の急死に伴い、乙姫となった。

長い黒髪を、目の上で横一直線に切り揃え、後ろで束ねている。
乙姫の装束である、羽衣の付いた水色の衣装を身に纏っている。
まだ若いため政治には疎く、長らく箱入り生活を送ってきたからか、やや世間知らずの面もある。
それでも、自国民を愛する気持ちは強く、
家臣の教育によって龍宮国を取り巻く危うい状況は理解している。

やがて、国際情勢の変転により、
帝国かMUへの降伏か、独立を維持するか、難しい決断を迫られることになる。

母親譲りの強大な霊響を持ち、その力は若くして既に母を凌いでいる。
その力は、殺意や敵意を感じ取るのみならず、ごく漠然とした未来視さえ可能とする。

趣味は龍宮国の名産品である漬け物作り。
それなりに美味しいのだが、褒められると漬け物ばかりを薦めて来て、
しまいには一食全て漬け物のフルコースを食べさせられる羽目になる。

後に、龍宮国に流れ着いたジョーズを屋敷に招き入れることになり、
梅干を食べさせたことが縁で彼女と親しくなる。
また、対馬 汐とは幼い頃一緒に遊んで親友同士である。
汐は、彼女を置いて龍宮国を去った自分を裏切り者と責めているが、汐の内なる苦しみを知っていた瑞姫は、既に彼女を許していた。


「何でも塩漬けにすれば美味しくなるんです!!」
「しおちゃん、また昔みたいに……」
「この国のため、私に何ができるのでしょうか……」


+ ...



他者寸評

+ ...