墨海(ぼっかい)


性別:男
年齢:27歳
搭乗機:オクラーケン


三角地帯で活動しているフリーのフロートフィッシュライダー。
僧侶らしく坊主頭で、クラゲのような笠を被り、
タコの吸盤の入れ墨を、顔や体に彫っている。
サルデーニャと同じく、MU深理教国からやって来た流浪の僧侶。
敬虔なMU教信者で、常にMUへの祈りを欠かさない。
一人称は「拙僧」で、語尾に「~なり」をつける。

手には錫杖を携え、棒術も達人の域であるが、
それ以上に彼を特徴付けているのがその体術で、
特異体質と長年の修練により、骨の無い軟体動物のような体を会得しており、
ありえない方向に体を曲げたり、間接を外して腕を数倍に伸ばしたり出来る。
我流を交えたMU拳法とこの特異体質を合わせることで、玄妙極まる闘技を編み出している。

その正体は、MUの特殊工作員。
違う陣営で同じ立場の雪見鳥 かおるとは、出会った時から正体に勘付き、
相手の情報を奪ってやろうとよく行動を共にするようになる。
しかし実は自分も相手に正体を気づかれており、更に互いに大した情報は持っておらず、
不毛な腹の探り合いをしながら、奇妙なコンビ関係を続けて行くことになる。