+サブキャラクター

三条彩音(さんじょう あやね)

七瀬氷那(ななせ ひな)

ルージュ・トーン




戦艦「パラディナス」のブリッジクルー。彩音は21歳、氷那は19歳、ルージュは24歳。
彩音は操舵補助を、氷那は通信を、ルージュは砲撃・火器管制補助を担当する。
彩音の方は肩程までの黒髪に焦げ茶色の瞳を持ち眼鏡をかけている女性。
元は京都のいいとこのお嬢さんだったのだが、家柄を重視し格式張ったことばかり強要されるのがイヤで、19の時に出奔。
おっとりとした京風美人であり、どこか抜けている面があるようで肝心なところはしっかりやる性格。
氷那は緑色の髪に紅い瞳をしているが、髪はウィッグで地毛は黒。
生真面目な性格で、普段は背伸びをしている感じだが、オフでは一変して今時の少女の様にゲームセンターに行ったりしている。
ルージュは燃えるような赤い髪と瞳が特徴。
一人称は「私」で性格は明るく気さくだが、何もない所で転んだりするおっちょこちょい。
なぜか性的な事柄の知識は全くないに等しく、聞いただけでつい赤面してしまう程ウブ。
ちなみに、『戦闘力』はルージュ(E)>彩音(D)>氷那(B)らしウワナニヲスルヤメr
ICVは植田佳奈(彩音)、釘宮理恵(氷那)、伊藤静(ルージュ)


+『NWO』

フィン・スターニス



元第二十八次移民船団の第3代目総督であり、「ニュー・ワールド・オーダー(NWO)」のトップにいる人物。
褐色の肌に長い銀色の髪と菫色の瞳を持ち、眼鏡をかけ赤いシャツと黒のタイトスカート(ガーターベルト付)に白衣を纏っている。
彼女がどうしてそういった考えに至ったかは定かではないが、元々は聡明で理知的な優しい美人であったそうだ。
また、VF等の各種機動兵器を開発する手腕にも長けており(生身でも)戦闘能力も高いようで、鏡士朗や小次郎相手でも互角以上に渡り合えるとか。
ICVは柚木涼香。


梧堂鏡士朗


「ニュー・ワールド・オーダー」の司令官。
長めの銀髪に黒瞳、浅黒い肌をした男性。ぱっと見は20代に見えるが、実年齢は不明。
常に長短二振りの刀を腰に差しており、生身での近接戦闘能力は高い。
また乗機も剣戟戦闘をメインとしたカスタマイズとなっており、搭乗者の技能が直接影響を与えるシステムを積んでいるためか、かなりの戦闘能力を誇る。
ICVは檜山修之。


真田小次郎


「ニュー・ワールド・オーダー」の戦闘司令官。
黝い髪を伸ばした金瞳の美女で、冷徹ともいえるほど真面目で、怠惰や手抜きなどは許さない。
反面、甘いもの(特に洋菓子)が好きらしく、常につけている仮面によって表情は窺い知れない、気がつくと空の皿が積まれてたりする。
彼女もまた剣の使い手であり、一振りの剣を使用した格闘術を使う。
また乗機にも搭乗者の技能が直接反映されるシステムを積んでいるためか以下略。
ICVは川澄綾子。


レミリア・サーシウム


「ニュー・ワールド・オーダー」の戦闘司令官。
紫色の髪に紅い瞳を持つ女性。
プライドが高く尊大な態度が目につくが、根は真面目であり目にかけた人物には援助を惜しまない。
が、自らの期待(=手にかけた期間の長さ)に応えられないとあっさり捨てるといった面も。
乗機は砲撃メインであり、レーダー機能などが強化されている。
ICVは水橋かおり。


ラグン・K・サウストン


「ニュー・ワールド・オーダー」の戦闘司令官。
赤い短髪に黒い瞳を持つ男性。一見して優男だが、一本芯は通っている。
人が死ぬことを何よりも嫌い、部下へも「必ず生きて帰れ。それが最優先だ」と言っているほど
ICVは置鮎龍太郎。


素華・アリス


「ニュー・ワールド・オーダー」の諜報官。 \射命丸!/
あらゆるところに出没するパパラッチ記者魂旺盛な少女であり、「~なのです(ね)」が口癖。
口調から幼くみられるが、本人曰く「20越えてます」とのこと。 ビッチいうな
銀髪に紫の瞳と、総督フィンと似通った部分があるが・・・?
ICVは門脇舞以。


Dr.サイサリス


外面↓
「困るなぁ。折角の華美なフォルムを損なわせるような機動はしないでくれたまえ」
「ああ、それと。折角だから、このままティータイムと洒落込まないか?」
「悪いが、私は自分が絶対他者より優れているとは思っていないよ。例に出すならば、そう。女性には絶対に叶わないと思う。新しい生命を生み出せる機能なんて、男にはないからね」

本性↓
「馬鹿野郎! 一度やられてパワーアップするのは王道だろう! 臥薪嘗胆の末に捲土重来して雪辱を晴らす、これに燃えない男はいるか? いやいないねッ!!」
「ひひひっ、や、やっぱドリルとロケットパンチは漢のロマンだよね!? さあ、早く取り付けるぞぉ~!」
「よくぞ聞いてくれた!いいかい、まずは関節部分だけど(一時間経過)ひひひ!その程度織り込み済みだ!そう言った時のために(二時間経過)ということだ。わかったかい?」


流れる金髪に澄んだ碧眼の美男子で、物腰も優雅かつ気品溢れている仕草など如何にも貴族の御曹司といった感じの青年。
だが、その正体は独自のメカの開発に命をかけるマッドサイエンティスト。
一度機械関係に話が移ると立て板に水の如く相手の興味が無かろうと話し続ける(止め役がいなければ約3時間程)悪癖を持つ。
実際、総督件兵器開発主任のフィンが右腕とするほど実力は高い。
また、彼自身は「技術は使われてナンボ」というポリシーの持ち主のため、平気で兵器のスペックなどをばらしたりするが、その逆他者の技術を流用することにも躊躇はしない。
余談だがフルネームは「ジークフリート・フォン・ローラン・ヴァン・ゼフィランサス・ド・サイサリス」と妙に長い。
ICVは成田剣。