※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サルデーニャ・クライン


性別:女
年齢:20歳
ICV:真堂圭


紅い海の女王”のメンバーで、MU教の尼僧。
愛称は デーニャ
MUには、修行と見聞を広める目的で、世界各地へ旅に出る僧侶が多く、彼女もその一人である。
青い長髪に青い瞳、MUの僧侶の装束である、
白い僧服にクラゲのような白い笠を被っている。

MUの僧侶は強い霊響(エコー)を持ち、離れた場所からでも人の悪意や殺意、
本能だけで動く深界魚の気配を察知することが出来る。
霊響士(ロケーショナー) である彼女は、ロブスター号のブリッジでオペレーターを務めている。
被っている白い笠は海瓶器の一種で、周囲に霊響(エコー)を拡散し、霊感を高める効果を持つ。

彼女に限らず、強い霊感の持ち主が船の通信士を務めることはよくあること。

僧侶らしく浮世離れした言動が目立ち、かなりの天然。丁寧語で喋るが、さり気に毒舌も飛ばす。
背が低く胸が小さい、いわゆる幼女体型のため、成人でありながら子供扱いされる。


「生きとし生ける者は、いずれは全て死ぬのです。ら・むー」
「これも大海母神MUのお導きか……」