※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『語句説明』
  • 七龍伝説

  • 黒の大国・軍事国家『レストール』

  • 白の大国・神聖教国『グリフォード』

  • 赤の小国・技術国家『エスロンド』

  • 青の小国・海洋国家『スムレーン』

  • 紫の小国・機械国家『ラズメスタ』

  • 緑の小国・遊牧国家『フロスティーレ』

  • 黄の小国・農耕国家『チグランツ』

  • 龍霊石(りゅうれいせき)
 その昔、眠りについた龍神たちが大陸に残した力の残滓と呼ばれているモノ。単色の鉱石の形態を取っており、その色が純色に近いほど大きな力を持つと言われている。専用の術式および、機構に組み込むことで、エネルギーを取り出すことができる。

  • 龍霊機(りゅうれいき)
 各国が侵略および自衛の為に、研究・開発した兵器の総称。その形態は人型から獣など、多岐に渡る。動力源は龍霊石が用いられるのが普通。しかし、『ラズメスタ』製のものは、副動力として、電気を用いており純度の低い龍霊石を用いた機体でも出力が安定している。

  • 龍霊術(りゅうれいじゅつ)
 術師が特定の言霊を繰ることで、龍霊石から力を引き出す技法。ぶっちゃけ、魔術。

  • 嘆き龍(なげきりゅう)
 近年になって、大陸全土で出現し始めた怪物(モンスター)。その容姿は、七龍伝説で語られる龍神の姿と似ているとの話もあるが、基本的にどこか造詣が崩れている。現在確認されているタイプは以下の通り。
 ◆リザードクラス:人間と同サイズの個体の総称。そのほとんどが地上に生息。
 ◆レックスクラス:龍霊機と同サイズで地上に生息している個体の総称。
 ◆サーペントクラス:龍霊機と同サイズで海中など水辺に生息している個体の総称。
 ◆ワイバーンクラス:龍霊機と同サイズで飛翔できる個体の総称。
 ◆ドラグーンクラス:レックス・サーペント・ワイバーンクラスの中でも個体能力が高いモノをこう呼ぶ。群れを率いる指揮官タイプの存在も確認されている。