エラスモヒュドラ


薄い紫色の鱗に覆われた体表に、六つのヒレと八つの頭を持つ巨大な首長竜。
最も有名な深界龍で、三大プレート直下の深層を、無数の深界魚と共に回遊している。
プレート中央部のほぼ全域を縄張りとしており、人類が深層に降りて来た時は、精霊(プランクトン)を介した霊的な知覚により、
どれだけ離れた場所にいても察知し、深界魚をけしかけつつ、自らも海流操作を用いて超高速で駆け付ける。
有史以来、人類の深層進出を阻んで来たことから、『深層の番人』の異名で呼ばれる。

海流操作を行うため、近付くことすらままならないが、
万が一近付けた場合も、八つの口から吐き出すジェット水流、八つの首を自在に操っての噛み付きと比類なき戦闘力を誇る。
アトランティス首都の大渦事件の際に、僅かながら目撃情報があり、大渦を起こしたのは深界龍ではないかと騒がれている。

なお、古い伝承では、エラスモヒュドラは九つの首を持つ竜だと伝えられているが、現在目撃されているのは全て八つ首である。


<特殊能力>
HP回復
EN回復
ストリーム・ウォール

<武装>
タイダルウェイブ:
 自身の前方に巨大な波動を生み出し、総てを吹き飛ばす。拡散型MAP兵器。

メイルシュトローム:
 海流を操り、大渦を巻き起こす。投下型MAP兵器。

ギガストリームブレス:
 八つの口から吐き出すジェット水流。

ドラゴンヘッズファング:
 八つの首で敵に噛みつき、至近距離からジェット水流をお見舞いする。