深界龍(リヴァイアサン)


深界魚の中でも最強と呼ばれる種族。
目撃例自体が少なく、遭遇したが最後、
生きて逃げおおせることすら難しいため、その実態の多くは謎に包まれている。
成体深界魚の十倍近い巨体を持つ。
深層のさらに深層に住みつき、人類の生息圏に姿を現すことはまずない。

極まった海流操作能力を持ち、
鈍重なはずの巨体からは想像もつかない速度で移動する他、
大渦(メイルシュトローム) や、 界波(タイダルウェイブ) を引き起こし、小さな町ならば容易に呑み込んでしまう。
高い知能を持ち、格下の深界魚を使役することも出来るため、深界龍と戦うことは、同時に無数の深界魚の軍勢を相手にすることを意味する。
その圧倒的な霊力は周囲の精霊(プランクトン)に絶えず影響を与え続け、
ただ存在しているだけで周囲の電波を狂わせ、レーダーを使用不能にする。

なお、ティア・テティスの歴史上、人類が深界龍を撃退できたことはあっても、討伐に成功した記録は一つもない。

龍宮国では、龍神として崇められている。