NAME:サフィール・バーンスタイン
SEX:男
AGE:21
BIRTH:フランス
UNIT:ゴルディオール
ICV:森久保祥太郎

金髪で右目に眼帯をした真面目で正義感あふれる青年。
基本的には誰にでも優しいが、敵と見なした人物には容赦しない。
幼いころに影響を受けた漫画(コミック)の影響か、常に騎士たるべく心がけているが、生理的嫌悪感などを表に出してしまうことがあるなど、まだまだ未熟な点もある。
そして、年齢や普段の姿からは想像しがたいがそう言ったものが比較的好きであり、いつかは『聖地』と呼ばれる地に行ってみたいと思っているとかいないとか。
また、天然フラグ体質と言うべきか女性に好意を抱かれることが多いが、彼自身は女性のそう言った心情の機微に疎いため、よほどはっきりとしたものでないと気付かない。
なお、本人はフランス出身だが、2歳ごろからずっとアメリカに住んでいるため、とくに意識したことはないとのこと。
美沙希と出会った際、彼女に一目ぼれをしてしまうがその気持ちの意味をわからず、以降長期に及び悩み続けていくことになる。


「騎士サフィール! ゴルディオール、出撃(で)る!!」

彼女を見ていると、とても温かい気持ちになる・・・。この気持ちは、いったい何だ・・・」

「全機関解放! 歯を食いしばれ!!」


+...
初登場は第13話 「黄金の騎士」慢心せずして何が王か!
幻想獣アルガードに苦戦している美沙希達の許に颯爽と登場し、幻想獣アルガードを一閃のもとに斬り伏せるという、衝撃的な登場を果たした騎士。
その後、実際に美沙希と会ったときに一目惚れしてしまう。君の存在に心奪われたものだ!
当初はその気持ちの正体(=この気持ち、まさしく愛だ!)がわからず、悶々としていたがメレムアーシア、Dr.ディアナらの協力により自覚。
だが、想いを伝えようと決意した矢先、美沙希がプネヴマの罠にかかり連れ去られてしまう。
再び出会えた際、敵として現れた美沙希の姿?に動揺した隙を突かれ、機体の両足を破壊され自身も右の光を失ってしまう。
帰還後、美沙希が敵に回ったと言う事実を受け入れられないでいたが、一番ひどいダメージを受けたアーシアの様子や、美鈴からの一喝(一撃)もあり、何とか立ち直る。
その後は美沙希を取り戻すため奮闘、ついに美沙希に想いを伝え、洗脳を解くことに成功する。が、直後幻想獣ユニセロスの自爆攻撃を受け、美沙希は昏睡状態に陥ってしまう…。
二度も彼女を守れなかった不甲斐なさに自暴自棄になりかけるが、奇跡的に昏睡状態から回復した美沙希の言葉により自分を取り戻すと共に、美沙希を一生守り続けることを誓う。
最終決戦では美沙希と共にDr.エラポスを撃破。戦いに終止符を打つ。
しかし、彼を待っていた運命は……。