レムリア北海漣邦


ティア・テティス北部、レムリア大陸に位置する複数の国家より成る連合国家。突出した国が存在しない故、統一には程遠かったレムリア諸国が、
アトランティスを始めとする他大陸からの侵攻に備え、同盟を結んだのが発祥であり、
各国の王族や為政者よりなる中央議会が国政を動かしている。

寒流地帯に属するレムリア大陸は年中気温が低く、ブリザードも頻繁に発生するため、人類が暮らすには厳しい環境下に置かれている。
そのため、作物も育たず、国民は飢えや病の危機に常に晒されている。
しかし、山岳地帯からは建造物の素材や燃料となる良質な珊瑚石が多数採掘されるため、それを他大陸に売って外貨を得ることで、飢えを凌いで来た。
この貿易には度々摩擦が起こり、鉱脈を狙う南部のアトランティスの間では紛争が絶えなかった。
国力では劣るものの、相手に攻め込まれた場合は厳しい寒さが味方し、
寒冷地に慣れないアトランティスの軍を何度も撃退して来た。
技術力においては、アトランティスにもひけを取らない。

MUとは貿易の利害が一致するため、比較的友好な関係を維持しているが、
レムリア内にはMU教と異なる宗教を信仰する国家も多く、完全に融和することは出来ずにいる。

レムリア漣邦は、中央議会の合議制で政治を決するという、近代的なシステムを取っているが、各国の利害が衝突するため、中々意見が一致することがなく、意思決定が極めて遅い。
一時は、アトランティスを打ち破り豊かな土地を手に入れんとする、 南下政策 が掲げられていたが、上記の理由でほぼ凍結している。

しかしレムリアの国家の中には、南下政策を諦め切れぬ過激派も多く、中央議会の意思を離れて独自の行動を取る勢力も多い。