※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MU深理教国(むーしんりきょうこく)


首都:ムートリア

ティア・テティス東部、ムー大陸を支配する宗教国家。
MU教はティア・テティスの創造主とされる、
大海母神MU を崇拝する宗教団体である。

MU教は 無有(むう)教 とも表記され、
人の目には見えないが確かに存在する神を崇拝する。

神は地上全ての人々に救いと試練を与えるため、無数の手足を持つと解釈されている。
そのため、タコやイカなどの多足類は、神聖な動物として重んじられている。
故に、MU教は他の二大陸と比べ、FFの形状を始めとしてかなり独特の文化を持つ。
僧侶達はタコのように頭を丸めるか、イカやクラゲのような被り物を被っている。

MU教はティア・テティスの中でも最も古い歴史を持ち、その過程で多くの宗派が生まれてきた。
中には撤退して異端を排斥し、世界をMU教で染め上げようとする過激な宗派もあるが、
基本的には弱者への施しや、互いに助け合うことを教義としている、人類愛に満ちた宗教である。

カースト制度が敷かれ、国民の大多数を占める僧侶と平民、
その上に立つ一握りの高僧が政治の実権を取り仕切っている。
しかし、富は公平に分けようと言う教義から、
国民は貧しいが最低限度の生活は保障されている。
その分、富を築いて平民からその上の階級にのし上がることは難しくなっている。

生物への無闇な殺生を禁じており、深界魚ですら例外ではない。
自然と調和して生きることを重んじ、
ムー大陸には多くの自然が手つかずのままで残っている。