紅い海の女王(レジーナ・ディ・ロッソ)


アドリアーナ・ロッソが船長(キャプテン)を務める海族団(マリーンズ)。
通称、 ロッソ団

船はクリムゾン・ロブスター号一隻のみで、団員も少ないが、
副船長のティレニアを始め腕利きが集まっており、知る人ぞ知る存在となっている。
基本的に財宝の発掘および、お尋ね者や深界魚のハントで生計を立てており、成功率は高い。
しかし最近、引退や帝国への引き抜き、親の病気など様々な理由で、
昔からいたFFライダー達がごっそり抜けてしまい、現在ではティレニアただ一人が残っている。
故に現在、新規団員を急募中である。
その後、ジョーズと汐が加入したことで、FFの戦力は十分穴埋めされている。

なお、紅い海の女王(レジーナ・ディ・ロッソ)の名は、ロブスター号の動力源となっている、レアな赤色のアクアパールから取られている。

<構成員>




オペレーター:
サルデーニャ・クライン