※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒翼の騎士 こくよくのきし

 

搭乗機

鎧翼竜リンドブルム

鎧翼騎士リンドブレイダー

ICV 稲田徹
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル



竜を模した漆黒の甲冑を纏い、堕天使の翼を思わせる黒い布を背中から生やした謎の戦士。
その正体は全くの謎に包まれているが、雫らの危機にどこからともなく颯爽と現れ、
敵を倒して去っていくという、ヒーロー的な振る舞いをする。
名前は無く、『黒翼の騎士』という字でのみ呼ばれている。
その言葉や気迫からは、戦士としての強い気概がにじみ出ており、また実力も相当なもの。
高い霊力を持つが、精霊と契約しているのでは無いらしく、その霊気は黒い光を帯びている。
武器は黒い刀身を持つ幅の広い大剣『黒竜の牙リンドレイク』。
漆黒の霊力を剣に纏った一撃は、機動兵器だろうと一刀両断に斬り捨てる。
字の由来である背中の『黒翼』は、空を飛ぶだけでなく自在に操ることができ、
敵を跳ね飛ばす、敵の動きを封じる、盾として攻撃を防ぐなど、様々な用途がある。
雫の前に始めて現れた際に、紫雲寺雷呀と交戦、
激闘を繰り広げており、以後両者は宿命のライバルとなる。
 

「貴様の獣念・・・我が竜刃にて断つ!!」