舵斬丸(かじきりまる)


機種:フロートフィッシュ
パイロット:対馬 汐

濃い青色をしたカジキマグロ型のFF。機体色は水色。
対馬汐が故郷から持ってきたFFで、
アトランティスで流通しているFFとは大きく異なる設計で組まれている。
武器は気休め程度のスプラッシュガンと、
機体前方に備え付けられた巨大な片刃の刃 『兜割り』 一本のみ。
余分な武装を全て取り除き、機動力を維持したまま、
ひたすら一撃の威力に特化させた機体である。
故に並みのライダーはおろか上級者であってもまず使いこなせないが、
汐は機体そのものを刀に見立てて、豪快なFF剣技を振るう。

<武装>

スプラッシュガン
兜割り

<技>

湖月斬(こげつざん)

 機体を水平に寝かせ、360回転させることで、周辺の敵を残らず切り裂く。

兜割り・溢刀漁断(いっとうりょうだん)

 敵の上空へと急上昇し、そこから急降下して、敵の脳天に刃を叩き込む。
 隙は大きいが、決まれば成体深海魚であろうと一撃で真っ二つにする大技。



+...

深龍刀『威斬薙』(しんりゅうとう・イザナギ)


龍宮国にタツノオトヒメと共に残されていた秘宝。
深界龍の牙を加工して造られた片刃の大刀で、地上のいかなる物質に勝る強度を持つ。大半の深界魚を一撃で両断できるばかりか、深界龍の肉体をも傷付けうる。
砕けたかつての大包丁に代えて、舵斬丸の頭部に装備される。
より深層に近い場所になるほど、その真価を発揮する。周囲の精霊(プランクトン)を吸収し、刀身が淡い青緑色に発光し、その切れ味は、一振りで数キロ先を薙ぎ払う衝撃波を放つ。その様は、まさに『海を割る』と呼ぶに相応しい。



+...
<合体攻撃>

オオワダツミノツルギ


タツノオトヒメがワダツミノイカリで発生させた大竜巻を、
舵斬丸の大包丁に纏わせ、長大な渦の刃となし、敵を一刀両断にする。
別名・ メイルシュトロームブレード

山ほどの高さの竜巻を刀として固定するには、精密かつ強力な海流操作が要求される。
また、支点となる刀も地上に存在する物質程度では、竜巻を支えきれない。
深界龍の牙を用いて作られた『深龍刀』以外の刀では、すぐに砕け散ってしまう。
何より、タイミングを合わせる二人の呼吸の際が重要となる。
その威力は絶大で、深界龍エザサウルスを一撃の下に葬った。