フロートシップ


ティア・テティスにおいて船に相当する乗り物。
戦闘用の船は全体を装甲で覆われ、バトルシップと呼ばれる。
界洋で暮らす海族たちにとっては、生活の拠点ともなる。
これだけの重量を浮かすにはコーラルだけでは足りず、
成体深界魚の持つアクアパールが必須となる。


フロートシップの武装



ジャイアントアンカー


巨大な錨。海流の強い場所で陸地に
船を繋ぎとめるためのものだが、攻撃にも使用できる。


ギガストリームカノン


別名 『瀑流砲(ばくりゅうほう)』
砲口から渦を巻く海流を放出、進路上の物体を巻き込み、粉みじんになるまで破砕する。
現在、船に搭載できる物の中ではティア・テティス最大の破壊力を持つ兵器である。
深界魚の海流操作の原理を応用した兵器で、
乗船している僧侶達が放つ霊的な波を、アクアパールで増幅させ、
周囲の精霊(プランクトン)を揺り動かすことで、海流をある程度操作できる。
それを利用して、巨大な渦巻きを発生させるのだ。
そのため、使用には数名の僧侶と、相当数のアクアパールが必要になる。
希少な人員とアクアパールにより莫大なコストがかかるため、
どの船にも搭載できるような武装ではない。
また、一度撃てば僧侶たちの精神集中と
アクアパールのエネルギー回復を待たねばならず、再発射には時間がかかる。