対馬 汐(つしま・うしお)


性別:女
年齢:17歳
搭乗機:舵斬丸
ICV:日笠陽子

東方の島国、龍宮国からやって来た自“侍”を名乗る少女。
水色の着物を着用し、白いハチマキを付け、長い黒髪を後ろで束ねている。

剣の達人で、背中に身の丈ほどの巨大な肉切り包丁 『断魚(たちうお)』 を担ぎ、腰には薄く長い包丁 『柳刃(やなぎば)』 を差している。

元々は単独で行動していた深界魚ハンターで、
深界魚の中でも最強とされる 『深界龍(リヴァイアサン)』 の討伐を目標として日夜剣技を磨いている。
深界龍の討伐は、彼女の一族にとっての悲願だからだ。
しかし、龍宮国では深界龍は龍神として崇められる対象であり、
それ故に対馬一族は、龍宮国の中でも極上の異端として扱われ、故国から追放された過去を持つ。
最も、世界中を飛び回り深界龍を探す彼ら一族にとっては、望むところであったが。

後先考えず突っ走る性格が災いし、
三角地帯内で食料が尽きて飢え死にしかけていたところで、
自らのFFがクリムゾン・ロブスター号に衝突。
その際、ロッソ団に食料を恵んでもらい、一命を取り留める。
このことに計り知れぬ恩義を感じた汐は、船長であるアドリアを“殿”と認め、彼女の臣下となる。

自称“侍”である彼女の言動や価値観は、アトランティスではかなり突飛に見えてしまい、アホ侍などと呼ばれることも。
侍全体がそうなのか、彼女が特別なのかどうかは定かではない。

それでも、他者に対しては彼女なりの礼節を持って接し、正義感もそれなりに強い。
しかし、ジョーズことマリアナに対しては、
出会った頃から敵愾心を抱き、事あるごとに突っかかっている。
それが何に起因するものか、彼女自身にもよく分かっていない。
よく武器を用いた闘いに発展するが、その度ティレニアに止められている。
とはいえつまらないことで言い争う様は子供の喧嘩のようで、見ていて微笑ましくさえある。

料理の腕前も超一流で、特に魚料理は絶品。
そのため、戦闘要員以上に料理人として重宝している。


「信じられる仲間と命を燃やす敵、遥かに高い壁、うむ、この大陸に来て良かった!!」
「秘剣!三枚おろしぃぃぃぃぃぃ!!!」
「お主のような輩は、我が殿の傍にいるに相応しく無い……!」


過去

+ ...


他者寸評

+ ...