※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フロートフィッシュの武装


多くのFFは共通した武装を持つため、ここで一括して紹介する。
コンバットモデルのFFの多くは、ある程度武装された状態で売られているが、
これを取り外すことも、新たな装備を加えることも、ライダーの自由である。

なお、ティア・テティスの大気は湿度が高く、
火薬などを湿らせてしまうため、火を用いた武器はほとんど使われない。


スプラッシュガン


ほぼ全てのFFに搭載されている武装で、圧縮した水を連続して発射する。
水分は周辺の大気を返還して発生させるため、弾切れは起こらない。
相手との距離に応じて威力が増減するが、
基本的には弱い武器であり、主に牽制に使われる。


ルアーアンカー


先端にフックの付いたワイヤー。
フックは磁力を帯びており、金属を吸いつけることが出来る。
狙った物を引っ掛け、傍に引き寄せることに使う。
ルアーアンカーで捕らえた敵を引き寄せ、ブレードフィンで切り裂くのは最も基本的な戦術である。
FFの手となる装備で、戦闘のみならず物資の回収など様々な用途に使われる。
便利な道具ではあるが、ルアーアンカーを使いこなすには相応の熟練を要する。


ブレードフィン


FFのヒレに当たる部位で、FFの『剣』となる装備。
その刃は切れ味抜群だが、FFが加速すれば、海流に押されて更に切れ味は増す。
深界魚を仕留めるには、主にこのフィンが使われる。
FFに備え付けの装備であることが多く、機種によって様々な形をしている。


ホーミングトーピード


電磁誘導型魚雷、通称 『コバンザメ』
弾頭の尖端についた磁石を、FFから放つ電磁波で誘導、正確に敵機に命中させることが出来る。
中には高濃度の硫酸が詰められており、
着弾した場合、緑色の爆発を起こし、敵をドロドロに溶かしてしまう。


エレクトロサンダー


機体前方に向けて電流を放射する。
大気中を高速で進む稲妻の刃は、速さと威力を両立させた、他の装備とは一線を画す強力な兵器である。
大渦の時代より後の10年の間に開発された新装備で、保有している機種は軍関係かごく僅かに限られる。


プレッシャーカノン


水圧を利用して、大口径の砲弾を発射する重量級の装備。
威力は抜群だが、本来は船に備える装備だけあって
反動も大きく、魚型のFFではまず使えない。
蟹型や貝型など、装甲の厚い砲戦タイプが搭載できる。


イッカクバスター


水圧を利用して金属製の杭を発射し、相手の装甲を撃ち貫く。
射程は短いもののその分威力は高く、主に深界魚へのトドメに使われる。
ただし成体の深界魚を仕留める場合は、
かなり大型の杭が必要となるため、重量からFFには一本程度しか搭載できない。


ストリーム・トリック


トリックとは、武装ではなく、FFを用いて放つ『技』のこと。
FFが移動する際には、急な海流が発生し、それ自体を武器として使うことが出来る。
これをストリーム・トリックと呼び、上級ライダーのステータスとされている。