用語


  • 調和者(ハーモナイザー)

物質、精神、現象等、特定のキーワードに対して意識を同調出来る能力者。
特徴として、体の何処かに 獣相 と呼ばれる、動物の特徴を持つ。
大地と語る者、地球の声を聞く事ができる者達。


  • ストレンジ・ライフ(SL)

地球上のルールに当てはまらない、『異種生命攻性体』。
単一で ゛世界゛ として完成しており、地球上の物理法則が通用しない。
通常兵器での破壊は不可能であり、地球のルールに環境を書き換える ハーモニクス・エフェクト の影響下でのみ殲滅可能となる。
高度な知性を持つが、そもそも゛生命としての概念゛の時点で地球の生物とは構造が異なる。
限定的ながら世界のルールを書き換えているので、普通の人間には知覚出来ない。
専用の装備を用いるか、 『調和者』 にのみ視認が可能。
基本的に一種の災害。

  • KV(カインド・ヴィークル)

世界中で使用されている汎用人型駆動。
軍事運用から作業用まで用途は多岐に渡る。
割りと安価で操縦方もさして難しくなく、「車の免許が取れれば動かせる」、との事。
性能に見合わないリーズナブルさだが、その背景には、 SL の存在がある。
特殊な装備が無ければ、知覚すら出来ない上に、性質上近接格闘も視野に入れる必要のある相手に、有視界戦闘と、絶対数の少ない 『調和者』 を直ぐに実戦投入出来る様に、感覚的、技術的側面両方から゛馴染みやすさ゛を追求しつくした兵器。
それ故、副産物として非常に多目的且つ低コストで運用可能な,゛夢のロボット゛が完成した。

  • ドミネーター

『調和者』 専用にチューンアップされたKV。
『調和者』 の同調するキーワードに合わせて、 感応(アクセス) し、 ハーモニクス・エフェクト と呼ばれるシステムで、キーワードに応じた地球のルールを再現する。
KVの操縦は然して難しくはない。
だが、戦闘兵器として動かす場合は当然、相応の訓練が必要となる。
しかし、タイプにもよるが、ドミネーターの持つ ハーモニクス・エフェクト は経験値の差を覆す。
元々、 『調和者』 の同調能力を拡大し、 SL に物理ダメージを与える為の機構だったが、応用によって武装、システムとしての能力を備え、且つそれが既存の科学兵器の常識を覆すモノに至った。
素人に毛の生えた程度の 『調和者』 が、熟練のパイロットを圧倒するのは珍しくなく、平均的な性能の ハーモニクス・エフェクト で一個中隊、モノによっては一個大隊に匹敵する戦力に成りうる。
『調和者』 個人に過剰な戦闘力を持たせる事を危惧する声もあるが、『調和者』擁護派の意見や、多大な戦闘力を求める組織、国家の思惑、更にKVの行き過ぎたリーズナブルさ、 SL『調和者』 が公には秘匿されている等の要因で、国際的な取締りが出来ない。
現在ではドミネーターを個人所有する者達すら出てきている。


  • ハーモニクス・エフェクト

狭義の意味では、ハーモニクス・エフェクトとは、 SL に物理的攻撃を可能とする一種の空間を指す。
しかし、研究の過程で 『調和者』 が同調するキーワードに応じた特殊兵装が開発され、此を含めて指す場合もある。
尚、これ等の武装、システムはあくまでハーモニクス・エフェクトの応用理論で造られた追加装備であり、ハーモニクス・エフェクトそのものに特殊な能力が有るわけではない。
ドミネーターでも、専用にチューンされていない機体に乗っても使用は不可能。
また、 『調和者』 自体はキーワードを感じ取れるだけで、彼等単独では特殊な力はない。
『調和者』ドミネーター 双方が揃って初めて強大な力を発揮する。

オーガニゼーション


  • ウィンクルム

『調和者』 の保護、及び SL 災害への対抗を目的とした組織。
『人類と 『調和者』 の共存』を旗印に、世界各地に支部を持ち活動している。
超法規的組織であり、国家の枠組みを超えた行動が出来るが、 『調和者』 の存在が非公式である以上、組織自体も非公式。
如何なる権力にも隷従しないと同時に、如何なる組織の保護も受けられない。
その性質上、疎まれる事も多く、現実には”存在しない”組織である事をいい事に、保有する技術や 『調和者』 目的に狙われる事もあれば、それをあえて黙認される等も珍しくない。
共存を掲げてはいるものの、現在の世界情勢では、人類に知覚不能の存在である SL と、獣相という異形を持つ 『調和者』 の存在は無闇な恐慌と不安、迫害を招く恐れがあるとして存在の秘匿を第一としている。


  • 特殊攻性生命体対策班

日本が秘密裏に保持する、対 SL 用特殊部隊。
通称、 特攻 (但し、縁起が悪いと隊員には不評)。
基本は自衛隊の一部であるが、非公式の部署。
隊員は表向きは陸自所属となっている。
SL 災害から日本の治安を守る部隊であるが、過去に 『調和者』 絡みで事件を起している為、彼らへの風当たりが強い。
その為、 『調和者』 保護を目的とし、共存を掲げる ウィンクルム とは折り合いが悪い。
独自の行動権を持つ事もあって、隊員の一部には敵概視するものもいる。


  • HLF(Harmonizer Liberating the Front)

『調和者』解放戦線。
『調和者』 の人権の獲得を目指す集団。
表向き存在しない事も在って、 『調和者』 を”人間とみなさない”研究者、機関は少なくない。
元より、人体と違う器官を持っている彼らは、遥か太古より迫害される傾向にあった。
まして、世間から秘匿され、存在を認められない彼らがそれらから身を守る術にも乏しい。
そうした現状を打破すべく活動を開始した地下組織が彼らである。
一見すると、 ウィンクルム とは相性が良さそうであるが、あくまで秘匿主義を貫く ウィンクルム とは理念の根本が異なる。
HLFは、あくまで 『調和者』 を「世界に認めさせる」事を目的としており、ある意味で両組織は水と油。
一般的には、 『調和者』 の中でもタカ派として片付けられている。


  • 星の守人

古より、 『調和者』 は大地と語るもの、地球の声を聞くものとして崇拝されてきた。
科学の発展により、その姿を次第に闇へと追いやられていった彼らであるが、かつての栄光を取り戻そうとする動きもある。
星の守人はそうした中でも、特に規模が大きく危険度の高い組織としてマークされている。
彼らは自分達を地球の代弁者とし、自然環境に悪影響を及ぼす人類を滅ぼす事を目的としたカルト集団である。
ウィンクルムHLF が普通の人間も少なからず参加しているのに対し、 『調和者』 のみで構成された集団。
尤も、 HLF もそうであるが、絶対数が少ない為、派手な行動は起せず、 『調和者』 を秘匿したい国家、組織の尽力もあって、その存在が明るみに出ることはない。
HLF がタカ派であるなら、此方は過激派といった所。