ナイボイド

形式 エリフィウス製ロボ
全長 10.6m
重量 30.4
武装 ・大型ドリル
・多弾頭ミサイル
特殊装置 自爆装置

エリフィウスという惑星の軍で開発、量産されているメカ。
パイロットはいなく、全てAIで動かされている。
ヒカル曰く「ドリルに頭と手足がくっついているだけ」という、まさにドリルが主体となっているメカであり、他は移動だけに使われている。
攻撃方法としては、ミサイルで弾幕を張り、相手の目をくらましてから本命のドリルでぶちぬくという、至ってシンプルなものである。
一体だけでは苦労はしないが、多数だとさすがに圧倒される確率も高まる。また、背部のスラスターで空も飛べるため、最後の最後まで「足の意味ねぇ!」と突っ込まれてしまった。
AIが戦闘不能と判断すると、相手を巻き込む意味での自爆行動を行う。
そういった意味ではタチが悪いが、『星屑ファミリー』達はそれを利用して一網打尽にしていった経緯がある。


武装


  • 大型ドリル

ナイボイドを象徴する兵装。というより、これがナイボイドそのものである。
しかし、その威力は強大。少しでも触れれば、またたく間に巻き込まれて大穴を空けられてしまう。


  • 多弾頭ミサイル

ナイボイドの両手に装備されている兵装。攻撃というより、弾幕用やかく乱用に使われることが多い。