※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汎用機動航行艦『星屑』

形式 銀河級空間圧縮航行式戦艦
全長 500m(巡航モード時)。650m(ベースモード時)。400m(人型モード時)
重量 200万t
武装 ・対空砲
・対地クレイモア
・マイクロミサイル
・二連エネルギー砲×2
・星屑砲
特殊装置 空間圧縮航法

星屑ファミリーの旗艦であり、住居地でもある。移動することが多いため巡航モードでいることが多いが、惑星で滞在する場合は、ベースモードに変形することも可能である。空間圧縮航法により、何万光年の先の惑星間も、僅か数時間で移動することもできる。
戦闘ともなると、OCM隊の遊撃支援としても秀でたものであるが、その真価は人型モードに移行することでさらに発揮することができる。
人型モードでは、格闘戦において秀でたものがあり、見た目よりもずっと滑らかで柔軟かつ素早い動きができる。
基本的に、ヒカルが単独、またはパーシャによるAI一つで全てを操縦、管制が可能となっている。



武装


  • 対空砲

各所に搭載されている迎撃用兵器。どの形態でも使用可能で汎用性の高い兵装。

  • 対地クレイモア

巡航モードの支援として真価を発揮する兵装。10mの鉛玉を雨のごとく降り注ぐことで効果的なダメージを与える戦術兵器。

  • マイクロミサイル

どの形態でも使用可能な兵装。汎用性が高い上に、遊撃性、攻撃力にも優れている。問題があるとすれば、大量に発射門がありすぎて、一度大量に発射させると金銭的にダメージが大きいことだろうか。

  • 二連ビーム砲

動力のエネルギーを使用して放つ2連門の砲台。左右の甲板にそれぞれ搭載されている。巡航モード、人型モードで使用可能。
人型モードの際は、両手のマニピュレーターが引っ込み、代わりにこれが現れる。

  • 星屑砲

人型モードでのみ使える切り札。胸部が開き、そこから巨大な砲台が現れる。
両手でそれを支えることで発射。機体が後ずさるほどの激しい奔流により、対象はその名の通り、星屑と化す。
問題点があるとすれば、地上で使うにはリスクがあり過ぎること。素早い的には回避されやすいことである。