※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

斎宮幽姫瑠 さいぐう・ゆきる

 

性別

年齢 18
搭乗機

ベヘモスキャット

クルーエルキャット

所属 不明
ICV かかずゆみ
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル

 

ほっそりした体型に可愛らしい顔立ちと、少女のような外見を持つ美少年。
女装を好み、腰まで届く淡い薄紫色のロングヘアーに、
スカートを穿いた姿は美少女にしか見えない。
天真爛漫で人懐っこく、どこか“猫”っぽい仕草が目立つ。
たまに耳や尻尾が生えたりするが、多分気のせいである(ぉ

そんな外見や行動からは、無垢な少年を思わせるが・・・その本性は残虐なる“異端者”である。
善悪の概念が欠落しているらしく、人の命を平気で奪い、その事に快楽すら覚えている。
女のように細い腕からは想像つかないほどの怪力を持ち、
両腕を、悪鬼を思わせる巨大で禍々しい形に変え、あらゆる物を引き裂く。
また、“喰鬼(グール)”の属性をもち、
対象を両手から吸収・捕食して、自らの力に変える事ができる。
特に霊的な存在・・・精霊やヴィシャスを好んで喰らい、
喰らえば喰らうほど霊力を蓄えて強くなるため、その強さには際限がない。
並外れた残虐性と相俟って、“最強の異端者”とも呼ばれる。

斎宮都貴弥の実弟で、彼が追い求める“仇”でもある。
彼は幼い頃から、底知れぬ残虐性を内に秘めてきたが、
ある時・・・彼の14歳の誕生日に内なる衝動を解放、都貴弥を除く斎宮一家を皆殺しにし、
さらには無数のヴィシャスを呼び寄せて、故郷の街を壊滅させた。
これ以後、彼は自らの欲望に忠実に生きるようになり、
ヴィシャスを引き連れ、各地で破壊と殺戮を繰り返している。
兄・都貴弥とは幼い頃からずっと一緒に過ごしており、「おにーさん」と呼ぶ。
異端者となった今でも、兄の事は慕っているような節があるが、
「僕が大切なら、(殺戮の)邪魔をしないで」と言い、
自分の邪魔をすれば容赦なく殺しにかかるなど、その愛情はどこか歪んでいる。
一人称は「僕」、もしくは「ユキ」。
「ユキ」の愛称は、幼い頃兄から呼ばれていた愛称で、格別の愛着があるらしい。


 

「君、美味しそうだね。喰べてもいい?」