※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレセイド夫妻

ベイク クリステリア
年齢 48 年齢 32
搭乗機
所属 星屑ファミリー
作品名 星屑の旅-L Traveller-

参加目的「借金返済のため」

夫のベイクは『星屑』の副艦。
妻のクリステリア、通称、クリスは情報管制を担当している。
ある惑星にて悪徳業者から多額の借金を抱え込んでしまった二人だったが、その悪徳業者をヒカル達が潰したため返済がうやむやになってしまった。
(この行動は半ばヒカルもこの悪徳業者に引っかかったため「気に入らない」という理由から自身の借金を踏みつぶすために起こしたことでもある)

しかし、先の騒ぎでに使用した火器、エネルギー料金の資金、次の惑星への航行金等々を加えられ、以下の借金のカタから『星屑ファミリー』へ加えられた。
元々、騒ぎに巻き込まれた時点で悪徳業者のバックについているマフィアから夫妻はマークされている可能性があったわけで、夫妻にとっては本意ではあった。

クリスは、包容力のある良き女房であり、ファミリーの家事全般も担当している。だが、夫の酒癖のせいで借金が減らないのが悩みの種らしい。
メイ曰く「ファミリーの裏のボス」と称されている。

一方、ベイクは、日中、酒に飲んだくれ、髭が濃く、腹も出っ張っている、いわゆるダメ夫の典型タイプ。
豪快な性格ゆえか、トラブルを呼ぶこともしばしば。最近は頭が薄くなり始めているのが悩みどころらしい。
ヒカルがパイロットで出撃の際は、副艦のベイクが艦長の役割を持つ。

以下、ベイクの台詞。

「お~い、酒頼む~」
「うぇっぷ、ウチのボスは酔いどれに厳しい注文してくれるぜぇ」
「マイハニ~、お前の料理があればオラァ何もいらねぇ。とりあえず、ビールをひとび―――(熱したフライパンで殴られた鈍い音)うごぉ!」


以下、クリスの台詞。

「さぁ、皆さん。ご飯ですよ~」
「あら~、ボスゥ~。ご飯の後は、ちゃんと歯磨きしないとダメですよ~」
「あなた。お酒は控えてください。……じゃないと、借金が減らないでしょ」