霊鞍 アザミ(たまくら・-)


性別:女
年齢:12歳

警視庁アンノウン対策室所属の特別隊員。
黒いおかっぱ頭に、陰気な雰囲気を漂わせる少女。
小学生ながら機械工学の天才で、雷切の設計を担当した。
天才故か、世の中を冷めた目で見ており、
時には大人に対しても辛辣な毒舌を放つことも。
雷切の搭乗者である絢音に対しても、
表面上は礼儀正しく接するが、不満があれば逐一嫌味を口にする。
しかし、これもまた天才故か、何に対しても好奇心は強く、
それが年相応の子供らしい遊びであろうとも、『奥が深い』と認識すればのめり込む一面も。
この年で雷切の開発に携わっているのは、
ただの興味ではなく個人的な事情があるらしい……


+...
その正体は、DEPTHの霊鞍アズサ博士が、
人為的にウィスパードを生み出すための実験で創り出されたデザインドチルドレン。
2年前までDEPTHの研究施設にいたが、警察に救出されている。
本来はそのまま平穏な暮らしを送る選択肢もあったが、
DEPTHや犯罪結社が存在する限り、本当の安息は訪れないと察しており、
DEPTHを潰すために警視庁に協力することになる。