※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

斑目 夜紅盲(まだらめ・やくも)


性別:男性
年齢:30歳
搭乗機:B.T.K.
ICV:神谷浩史

常に微笑みを絶やさぬ整った顔立ちに、黒のスーツを着込んだ長身の青年。
赤いメッシュの入った黒髪と、赤と黒のチェックのネクタイが特徴。
物腰は穏やかで、口調は慇懃。しかしその正体は国際指名手配中の連続殺人鬼で、
殺人を何より愛する狂った嗜好の持ち主。

テロ活動や要人暗殺にも関わっており、ただの殺人者の域に留まらぬ凶悪犯罪者と言える。
本人は一介のフリーターを自称し、自分の腕を買ってくれるならば、いかなる組織に節操なく参加する。
狂った殺人鬼であるが、契約には割と忠実である。

絢音と同じ霊電体質の持ち主であるが、実力は数段上で、
彼女のようなリミッターも掛けてはいない。
そのため、自分の感情はおろか他者の感情までも鋭敏に感じ取ることが出来、
それを応用した“先読み”が、戦闘能力の高さに繋がっている。
一方で、他者の感情を感知するということは、
傷つけた人間の苦痛を自らも味わってしまうということであるが、
彼はサディストでありマゾヒストでもあるため、
相手を傷つけ、その苦痛を自らも感じ取ることで、二重の快楽を味わっている。
故に彼にはその制約は枷とはならず、逆に闘争心の向上に一役買っている。
その際に血の涙を流すことから、通称 「血涙のヤクモ」 と呼ばれる。

前述の通り、通り魔的な殺人のみならず多くの内戦やテロ活動にも参加しており、ガウルンとは旧知の仲。
彼のことを同類と見做し、フレンドリーに接している。
また自分と同じ霊電体質である絢音にも興味を持ち、
幾度の交戦を経て、リミッターを外した彼女と全力で殺しあうことを望むようになる。

「次の被害者(ターゲット)は、あなたです」
「ははははは! ばれてしまっては仕方ありませんね! そう! 私が真犯人です!!」
「許してください。私だって、殺したく無いことも無かったのです」
「目撃者も警官も探偵も皆殺し。これぞ画期的な完全犯罪と言えましょう!」
「被害者と加害者は所詮コインの表と裏。世の中全てが犯人なのですよ」