※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天羽燐斗 あまばね・りんと

 

性別
年齢 17
武器等 霊剣『天尾羽張』
搭乗機 ヒノカグツチ
所属 私立流星館学園2年生、皇会
ICV 宮野真守
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル



雫やつばさと同じ高校に通う学生で、高校二年生。
一年間海外に留学していたため、他のクラスメイトよりも1年年上。
燃える炎のような明るい赤色の髪を短く纏め、整った顔立ちをした好青年。
性格も朗らかかつ冗談好きで、男女問わず人気が高く、交友関係も広い。
しかし、それは表向きの顔であり、裏の顔は雫達と同様、
精霊の力でヴィシャスを討伐する霊伐師(スレイヤー)。
蒼峰家と同じ、精霊使いの旧家・炎小角(えんおづの)家の出身で、本名は炎小角燐斗。
火を司る精霊“炎御霊(ほむらみたま)”と契約している。
古来より歴史の陰で動いてきた炎小角家の家名を隠すため、
修行が完了した後、分家である天羽家に養子に出された。
炎を操る力を有し、何も無い場所から炎を呼び出して敵を焼き尽くす。
紅の刀身を持つ霊剣『天尾羽張(アメノオオバリ)』を持つが、彼自身は直接戦う事を好まず、
“ヒノカグツチ”召喚時にしか使われない。
炎の精霊の加護を受けているため、炎の類は全く効かず、服も焼けない。
身体能力のみならず、明晰な頭脳と大局を見る目を持ち合わせる。
学校で見せる好青年の顔とは異なり、ドライでシニカルな本性を持ち、
他人や大義のために命を賭ける事を馬鹿らしいと考えている。
「どうせ命を賭けるなら、自分が楽しいと思うことに賭けるべきだ」とのこと。
他者と笑顔で接する一方で、心からの好意を持たず、自分以外は全てモノだと認識している。
上層部である<皇会>とも密接に関わっており、その能力の高さから若年にして幹部候補を勤める。
しかし、心の底では<皇会>相手にも完全に忠誠を誓っているわけではない。
単にヴィシャスを撃滅するだけでなく、何か遠大な目的があり、
それを叶える為に陰で策動している。

「あんたみたいにバカ正直な人は、早死にするって決まってるんだ。まぁ、見ている方は面白いけどね♪」