※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮面ライダー龍牙


『仮面ライダー龍牙』(かめんライダールガー)は、多元世紀2002年2月3日から2003年1月19日までテレビ朝目系列で毎週日曜8:00 - 8:30に放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。

「多元仮面ライダーシリーズ」第3作である。キャッチコピーは「 戦わなければ生き残れない! 」。


あらすじ


多元世紀2002年。東京では、人々が忽然と失踪する事件が連続発生していた。人々は不安になりながらもいつもの生活を続けており、料理店「ことぶきや」でバイトをしている鈴童もその一人であった。そんなある時、鈴童はバイトの帰りに立ち寄った古道具屋で奇妙なカードデッキを手にする。その後突然ミラーワールドに吸い込まれた鈴童は、そこでライダーの一人である「仮面ライダーアマツ」に出会い、ミラーワールドから人間に襲い掛かるミラーモンスターと、モンスターに対抗するべく戦う仮面ライダーについて知る。

やがて鈴童は、モンスターや仮面ライダーのことを詳細に知る少年、アルヴィンが語った情報を元に、モンスターのタイラントと契約、そのパワーを使って戦う「 仮面ライダー龍牙 」となってモンスターから人々を護ることを誓う。

そして鈴童の前に次々と新たなライダー達が現れるが、彼らは他のライダーを敵視し、攻撃する者ばかりだった。ライダー同士の戦いは、既にはじまっていたのだった…。


概要


多元仮面ライダーシリーズ3作目であり、多元世紀に製作されたTVシリーズとしては作中で「仮面ライダー」の言葉を用いた初の作品でもある。
本作は、設定・世界観重視の前2作とは異なり、「13人の仮面ライダーが自らの望みを叶える為に最後の1人になるまで戦い続ける」という人間同士の競争、それに付随する人間関係の描写を重視した作品になっている。

主な登場人物



放映リスト


+ 格納

劇場版 仮面ライダー龍牙 EPISODE FINAL


テレビ版とは違う時間軸で、テンを視点に再構築されたストーリー。既にライダーバトルも終盤に差し掛かり、残ったライダーは龍牙、アマツ、アカツキ、ノーマッド、ベルセルク、エグゼの6人であった。
ある日、進展の無い戦いに遂に我慢の限界となったメルディアナに「 願いを叶える事が出来る期限はあと3日 」と宣告されてしまう。鈴童の声も虚しく勝者になるべく戦いを繰り広げるライダー達。そんな中、龍牙と同じ姿をしたライダー・龍空が最後の参戦者として暗躍し始める。
様々な謎が錯綜する中、ライダー達の最後の戦いが始まる。

鈴童視点のテレビ版は戦いに対して否定的な描写が多かったが、劇場版はある理由でバトルを勝とうとするテンの視点で描かれている。そのため戦いに対して肯定的な描写が多く、テレビ版とは作風がかなり異なる。
また、テレビ版に先駆けて龍牙サバイブ、アマツサバイブが登場した。


仮面ライダー龍牙 ハイパーバトルビデオ

正式名称は『 仮面ライダー龍牙ハイパーバトルビデオ 龍牙vs仮面ライダーゼファー 』。幼児向け雑誌「てれびくん」の応募者全員プレゼントとして作られた短編作品。

モンスターの気配を察知して変身した鈴童/龍牙が、ミラーワールドに似たミラクルワールドでモンスター軍団を率いる 悪のゼファー・バーサーカーフォーム に襲われる。そこへ「 人間の自由と平和を守る仮面ライダー 」(を自称する)アマツ・エグゼ・ベルセルクが応援に駆けつける(いつもと調子の違う面々に龍牙は唖然)が、悪のゼファー・バーサーカーフォームに苦戦。そんな龍牙のもとに現れたのは仮面ライダーゼファーだった、というストーリーが展開される。


Vシネマ 仮面ライダー龍空

正式名称は「 仮面ライダー龍牙外伝・『仮面ライダー龍空』 」。
劇場版に登場した仮面ライダー・龍空を主役に据えた外伝作品。1話90分で全3巻。
TV版とは13人のライダー達によるバトルロイヤルや、優勝すれば願いが叶うといった点で共通しているが、こちらは 開始から三日以内に最後の生き残りを決めなければ全員が死ぬ という、TVよりハードなストーリーが特徴である。
生き残ろうとする者、仲間を集めて脱出を図る者、殺し合いを楽しむ者、願いのために戦う者、様々な思惑を胸にした登場人物たちによる群像劇となっている。
龍牙本編よりも凄惨な演出が盛り込まれたため、多元仮面ライダーシリーズでは初めて、18歳以上の視聴が厳禁となっている。

第1巻 LIVE ALIVE
第2巻 LUCID DREAM
第3巻 LAST RIDER