アンジェリカ=アヴェロッティ


年齢:40歳
性別:女
使用武器: 霊伐十字槍「聖バスカリウスの受難」
霊能系統:寓話再現系
ICV:榊原良子
登場作品:御霊巫戰紀

第弐次世界大戰期の聖霊騎士団団長。当時の世界最強の霊伐師の一人。
聖霊教会の教義に骨髄まで染まりきった機械のような性格で、
信仰の遵守を何より重んじ、部下や同胞を含む、
あらゆる人間の死にも全く動じることがない。
それこそ、敵を葬るためならば、味方を捨て石として使うことも辞さない。
聖霊騎士団伝統の聖服(カソック)に、感情を閉ざすような仮面を着用している。

ただし、あまりに信仰に忠実な故、絶華=シャルラッハロートに行動を読まれ易く、
第弐次大戰期はそこを突かれて何度も手痛い敗戦を喫している。
前述の性格ゆえにそれで方針を改めることもなく、ひたすらにFALBEとの戦争を続けた。

霊能・<悠久十字軍>についてはコンスタンツァ=アヴェロッティを参照。