※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖霊教会(せいれいきょうかい)


神霊同盟の母体ともなった、同盟傘下の中では最も古い霊能共同体。
その源流は、世界で初めて霊能力に目覚めた“神の子”が興した宗教とされる。
鴎州を中心として、世界各地で発展してきたが、
悪魔と呼ばれた忌霊の出現により、対悪魔機関の意味合いを持つようになる。

その教義は複雑多岐に渡るが、根本は 人界と霊界の分断 にある。
霊能者は生まれ持って人間より優れた力を持つが、
それは常人のように、血の滲む努力で得た力ではない。
また、常人と比べ圧倒的に少数派だ。
そのような者たちがこの世を支配するようになれば、
機会の平等や人々の向上心は失われ、人類社会は衰退に向かう。
故に霊能は社会の目から秘匿し、その力を社会の営みに、特に政治や経済に及ぼしてはならない。
“政霊分断(せいれいぶんだん)”……それが聖霊教会の掲げる信仰の要点である。

故に彼らは、人界と霊界の境界を踏み越える霊能者を排除しようとする。
また、人類同士の戦争や恐慌が起こっても黙殺し、
そこに霊能者や忌霊が関わらぬ限り、人界への不干渉を貫く姿勢を取っている。

聖霊教はラテリア教皇国のルーマ教皇を頂点とする、
現実の宗教団体でもあるが、やはり霊の存在は秘匿されている。
いかに一般人たちが神を崇拝しようと、それが目に見える形で現れることはないのだ。

この根源にあるのは、原初の霊能者である“神の子”が無実の罪で処刑される際、
その気になれば霊能を用いて楽に逃げられるはずなのに、
自らの信念に殉じて人間社会の法に則り死を選んだことへの、崇敬の念である。

聖霊教会の教えが世界各国に広まるにつれて、やがてこの教えが霊能者の基本原則となる。
これによって、長きに渡り霊能の存在は、社会の目から秘匿されることになる。

だが、森羅万象がそうであるように、どのようなものも社会の営みと無縁ではいられない。
完全な分断などは不可能であり、教会の上層部や、
国家元首に対しては、より完全な秘匿のため、接触を持つことを許している。

また、一般人に対する霊的治療については、“神の子”も行っていたことから、
それが霊能によるものだとばれない限りは認められている。

その教義ゆえに、霊能力者が国家元首の地位に納まり、国家を支配している中華靈国は
真っ向から教義に反する存在であり、激しく敵視しているが、
彼らとの戦争が人界を巻き込み、霊能者の存在を
更に世に広めてしまいかねないという理由で、冷戰を続けている。

だが、その頑までに社会と距離を置く姿勢は、やがて訪れる第弐次世界大戰において、
国家と緊密に結びついたFALBEに後れを取り、大打撃を受ける原因となった。

大戰の打撃で聖霊教会は大きく弱体化。神霊同盟最大勢力の座から転げ落ちる。
代わりに、政霊分断に対して柔軟な姿勢を取る合衆国のメサイヤが
神霊同盟の中心となったことで、そのあり方は徐々に開放的な方向へ向かっている。
今も聖霊教会は、この動きに危機感を募らせ、反発しているが、
それで戦争を起こせば本末転倒なため、鴎州より外にはあまり干渉できずにいる。