※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼峰 雫(あおみね・しずく)


性別:女
年齢:16歳
使用武器:霊伐刀『豊玉毘売(トヨタマヒメ)』
霊能系統:自然操作系
ICV:伊藤静
登場作品:御霊巫戰紀

長く伸ばした蒼紫色の髪を後ろでポニーテールにし、
腰に刀を下げた、侍然とした風貌の少女。高校2年生。
一人称は「ボク」。物静かな性格で、慌てず騒がず常にマイペース。異常な状況にも落ち着いて対処する。
普段は、近所の高校『流星館学園』に通う普通の(?)女子高生だが、
その正体は先祖代々受け継がれた使命に従い、
人類を脅かす悪しき魔物と戦う若き霊伐師(スレイヤー)である。
幼少より、蒼峰の“凶祓(まがはらい)”としての英才教育を受けたため、
身体能力は人間離れしている。また、潜在的な霊力の資質も高い。
剣技は卓越しており、全国大会級でも敵無しで、魔物とも生身で戦える。
流派は 蒼峰流・海神(わだつみ)の太刀 。水に宿りし精霊 “海御霊(うみみたま)” と契約した御霊巫師で、清浄なる水の力を操り、この世に蔓延る邪悪を洗い流す。
腰に下げた刀は、水色の刀身を持つ霊伐刀 『豊玉毘売(トヨタマヒメ)』
柄部分に二対の勾玉『潮盈珠(シオミチノタマ)』『潮乾珠(シオヒノタマ)』がはめ込まれ、
『潮盈珠』で多量の水を呼び出し、『潮乾珠』で出した水を治める。


「もっと・・・強くなりたい」

「“悠久の深海に眠りし海神の化身よ・・・
 我が祈りに応じ、果て無き大洋を越えて彼の地に来たれ・・・”   行くよ・・・『リュウグウ』・・・!」


リュウグウノツカイ


ICV(鳴き声):能登麻美子

蒼峰雫が召喚する守護精霊。
大量の水に雫の意志を乗せた霊子を溶かすことで生まれた、雫の分身と呼ぶべき存在。
深海生物・リュウグウノツカイを思わせる、水色の長い体を持った竜。体表にまだら模様があり、頭部にはヒレが発達した赤いとさかが生えている。
雫が発生させた大量の水から変じ、長大な竜の姿となり、
雫を頭部に乗せて巨大な敵に立ち向かう。雫からは「リュウグウ」と呼ばれる。
その体は水で構成されており、一時霊子組成を切断されても再生することが可能。

<術技>

蒼峰流・海神の太刀『水牙衝(すいがしょう)』:刀を振ると同時に、カマイタチのような水の波を飛ばして敵を切り裂く。
蒼峰流・海神の太刀『水蛟(みずち)』:水を蛇のように伸ばして攻撃する
蒼峰流・海神の太刀『渦潮(うずしお)』:渦を巻く流水を飛ばして、敵を飲み込む。
蒼峰流・海神の太刀『海鳴(うみなり)』:水圧で速度を増した、俊足の居合い抜き。
蒼峰流・海神の太刀『瀑布(ばくふ)』:刀を振り下ろすと同時に、多量の水を天より降らせ、敵を打ち砕く。
蒼峰流・海神の太刀『竜鱗華(りゅうりんか)』:刀を旋回させ、周囲に幾重もの鋭利な水の刃を飛ばす技。リュウグウノツカイ騎乗時は、体をよじらせ水の鱗を飛ばす
蒼峰流・海神の太刀『大海嘯(だいかいしょう)』:リュウグウノツカイが身をよじらせ、巨大な津波を発生させる。周辺の被害が大きすぎるため、めったに遣われない。
蒼峰流・海神の太刀『水鏡(みずかがみ)』:無数の水柱を立ち昇らせ、自分の姿を映して幻惑する。
<必殺技>
蒼峰流・海神の太刀『海皇蛟竜牙(かいおうこうりゅうが)』:蒼峰流の秘奥義の一つ。『水蛟』の発展技で、溢れる洪水を龍に変えて解き放つ。怒涛の突進と流水の牙は、障害となるモノ全てを砕き散らす。上位技に『海皇双竜牙(かいおうそうりゅうが)』『螺旋蛟竜牙(らせんこうりゅうが)』『海皇瀑竜牙(かいおうばくりゅうが)』が存在する。
蒼峰流・海神の太刀『断魚(タチウオ)』:豊玉毘売に霊力を込め、吹き上がる流水と共に一気果断に敵を断ち切る抜刀術。